小池百合子都知事が立ち上げた希望の党は、あっという間に分裂し、新生の希望の党と国民民主党(民進党と合流)とに分かれて存続することになりました。

数の上では国民民主党の国会議員の方が圧倒的に多いのですが、今後存続できるのかと考えると、どちらの党も心もとない気がします。

 

はたして国民民主党は、代表選挙を経て、その後も党として存続していけるのでしょうか?

いっこうに上がらない党の支持率を、新代表に就任した玉木雄一郎代表は、どう上げていくつもりなのでしょう。

続きを読む