Sponsored Link

弱小国家でありながら、核兵器を保持しているという強みから、相変わらずギリギリのところで、米国とやり合う北朝鮮の三代目・金正恩委員長。

中国の後ろ楯があるとはいえ、超大国米国を相手に、巧みに立ち回っているといった感があります。

 

最近の北朝鮮関連のニュースでは、北朝鮮ツアーに参加中の日本人が拘束され、その後解放されるというものがありました。

【産経ニュース 2018.8.27】

北朝鮮は26日夜、国営メディアで、観光客として訪朝し、拘束された日本人の国外追放を決定したと伝え、日本人は近く、中国に航空機などで出国させられるとみられている。

日本人は映像製作の仕事に関わる滋賀県出身の39歳男性とみられ、北朝鮮西部、南浦(ナムポ)で今月上旬、拘束されたとみられている。外国の旅行会社が企画したツアーに参加し、列車で北朝鮮入りしたという。

この日本人男性は、欧州の旅行会社が企画したツアーで、北朝鮮に入国したようです。

北朝鮮西海岸の港湾都市・南浦(ナムポ)で、軍事施設を撮影したとの情報も伝えらています。

 

このニュースを聞いた多くの人は、「えっ、北朝鮮ツアーなんてあるの?」という感想を持ったのではないでしょうか。

私も正直なところ思いました。

これはマスメディアやその他の報道から、北朝鮮は孤立しているというイメージが、私達のなかにあるので、まさか北朝鮮ツアーなんて行われているはずがないという思い込みがあるからでしょう。

 

掘り下げたニュースがあまりないようなので、今回は北朝鮮ツアーについて調べてみます。

続きを読む

Sponsored Link