農林水産省は、今も食料自給率をカロリーベースで出していたとは… n

Sponsored Link

 

えっ、まだ食料自給率を、

カローリーベースで出していたんですか!?

 

<日本経済新聞>

農林水産省は7日、2014年度の食料自給率(カロリーベース)が

5年連続で39%になったと発表した。

コメが凶作だった1993年の37%に次ぐ低水準で推移している。

政府は2025年度までに45%にする目標を掲げ、

自給率の上昇につながる飼料用米の増産を強化する。

 

 

『日本は世界5位の農業大国』(浅川芳裕)が出版されたのが、

2010年でした。

日本は世界5位

 

その内容は、まさに目から鱗。

 

食料自給率をカロリーベースで算出することの胡散臭さが、

白日のもとに晒された感じでした。

 

あれから5年。

(書籍化される前から浅川氏は情報発信していたでしょうが)

農林水産省は、

“ 人の噂も七十五日 ” と耐え忍んでいたのでしょうか。

 

日本の食料自給率は低すぎる! 何とかしないと。

 だからもっと、農林水産省に予算を下さい!

こんな主張が聞こえてきそうです。

 

 

では、食料自給率をカロリーベースでだすことの

何が問題なのでしょうか。

 

平成26年度は、

カロリーベースの食料自給率が39%ということでしたが、

以下の計算式になります。

 

自給率の数値

 

ちょっと氣になりませんか?

 

分母に当たる“ 1人1日当たりの供給熱量 ”が、

『2,415kCal』になっています。

 

成人の1日摂取カロリーの平均は、

1,800~2,200kCalと言われていますので、

分母は、2,000kCalくらいで計算するのが常識的でしょう。

 

では、なぜ分母が『2,415kCal』なのでしょうか。

 

それは、食料自給率の考え方では、

以下の計算式で、数値をだしているからです。

 

自給率の考え方

 

要するに、余分なカロリー分は、

供給されなかった分までも入っているという事です。

 

ご存知のように日本では、

ホテル、レストラン、コンビニ、ファミレス等、

日々大量の廃棄物を出しています。

 

そのカロリー分も、この計算式の分母に加わっています。

 

単純に考えれば、1人1日当たりの国産供給熱量を、

1人1日当たりの平均摂取熱量で割れば済むことです。

 

947kCal ÷ 2,000kCal = 47%

 

これだけでも、平成26年度の食料自給率が8%も上がりました。

2025年度までに45%にする目標を政府は掲げているということなので、

既に目標達成です。

 

ガッツポーズ

 

次に、分子にあたる『国内生産』についてみてみます。

 

自給率の数値2

 

畜産物の黄色の箇所を見て下さい。

 

『 輸入飼料部分(自給としてカウントせず) 』と書いてあります。

 

 

これは、どういう事かというと、

国内で育てられた牛・豚・鶏などでも、

飼料が輸入品の場合は、国内生産品には含まないということです。

 

餌が輸入品なので、

その餌で育った動物の肉・卵・乳製品なども、

国内生産品ではないという考えです。

 

 

カロリーの高い動物の肉が、

分子の国内生産品から除外されるわけですから

いわずもがな食料自給率は下がります。

 

 

他には、農産物をほとんど販売していない自給的農家や

副業的農家が生産して自らで食している食料も

『国内生産』に含まれません。

農家

私も実家が農家だったので、

今現在も高齢の両親が、

実家や子供達の家庭分の米や野菜や果物を作って、

季節ごとに送ってくれます。

 

米でいえば、我家の一年間の消費分の6~7割がそれにあたります。

 

でも全国のこういった生産分を把握することは、

まず不可能でしょう。

 

これらを入れたら、計算式の分子はもっと上がるはずです。

 

 

更に決定的な事実として、

カロリーベースの食料自給率は、ほとんどの国が算出していません。

 

農林水産省が発表している欧米諸国の食料自給率は、

ご丁寧にも農林水産省が計算したものです。

農林水産省HPのエクセル資料に、“ 農林水産省で試算した ”

と注釈があります。

 

この数字が重要な指標であるならば、

他国でも当然算出し、

自給率向上のために数値を意識した施策を行うでしょう。

 

浅川芳裕

 

浅川氏は、日本ビジネスプレスのインタビューで、

この本(『日本は世界5位の農業大国』)を出版する前に、

小論を『文藝春秋』に載せたところ、

農林水産省から抗議があり、およそ20項目の質問状が届いた。

それにすべて答えると、

「今回のことはなかったことにして下さい」

と抗議を引っ込めた。

と語っています。

(あくまで浅川氏の言い分です)

 

果たして、

カロリーベースの食料自給率という指標は必要なのでしょうか?

 

もう結論は出ていると思いますが。

 

 

Sponsored Link

限界集落の再生は可能なのか? そもそも限界集落とは?

 

限界集落が舞台となるドラマ『ナポレオンの村』(TBS放映)は、

唐沢寿明演じる百戦錬磨の公務員が、
消滅寸前の村を生まれ変わらせていく姿を描いた物語です。

 

ナポレオンの村

 

このドラマには原案があり、

石川県羽咋(はくい)市の公務員・高野誠鮮氏が書いたビジネス本
『ローマ法王に米を食べさせた男
過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』が、それです。

 

そもそも限界集落とな何でしょうか?

限界集落とは、高知大学の大野晃名誉教授が提唱した概念で、

「65歳以上の高齢者が集落人口の半数を超え、
冠婚葬祭をはじめ田役、道役などの社会的共同生活の維持が
困難な状態に置かれている集落」のことです。

 

 

基本的に官公庁は、この限界集落という言葉は使用していません。
ちょっと言葉のイメージが悪いからでしょうか。

 

この呼び名に抵抗を感じる人もいるようで、

ある自治体では、
『小規模高齢化集落』(戸数19戸以下の集落)と呼んでいる所もあります。

 

ただ、呼び名云々というより、
こういった現状をどうしようかと、自治体では頭を悩ませています。

 

限界集落2

 

実際、日本各地の限界集落は現在どのような状況なのでしょうか。

 

総務省 地域力創造グループ 過疎対策室が平成23年に、

『過疎地域等における集落の状況に関する現況把握調査』
発表しました。

 

 

調査の対象は、過疎地域市町村の801市町村で、
全集落数は、64,954でした。

そのうち、10世帯未満の小規模集落は、およそ10%です。

 

私も田舎で生まれ育ったので、小規模集落のイメージはわかります。

友達の家に遊びに行って、
子供ながらに、「よくこんな(離れた)所に住んでいるなぁ」
と思ったものです。

 

限界集落4

 

集落の人口に占める高齢者(65歳以上)の割合が50%以上の集落は、
全体のおよそ15.5%(10,091集落)で、

更に、高齢者割合が100%の集落は、575集落ありました。

 

限界集落の問題に関して、
行政機関は真剣に取り組んでいるようですが、

成功するケースはとても少ないのが現状です。

 

 

誤解を恐れずに言えば、
そもそも小規模限界集落を再生させることなどできるのでしょうか?

 

自然淘汰という言葉があるように、
ある面、時代に逆らえない現象のような気がします。

 

 

限界集落3

 

高齢者(65歳以上)の割合が100%の集落を考えてみても、

既に30歳をこえたであろう彼らの子供達が、
その集落に帰ってくる可能性がどれだけあるでしょうか。

あと15年で皆80歳以上の年齢になります。

 

そういった集落が存続できるはずがありません。

 

 

総務省が、

『維持・存続が危ぶまれる集落に対して、必要と考える対策・方策は?』
と、自治体に尋ねたところ、

多かった回答は以下の通りです。

○交通の確保や保険・福祉サービスの提供など日常生活を支えるための
各種対策の推進:84.1%
○集落住民の暮らしやニーズに目配りできる行政側の体制の充実:59.4%
○UJIターンの促進などの定住促進対策:68.2%
○ボランティアやNPO等の参画促進による集落活動の新たな担い手の確保
:49.7%

 

それに対して、

○住民の移転による集落の再編成:8.7%
という数字です。

 

回答の多かった対策を否定するつもりはありませんが、

同時並行として、
『住民の移転による集落の再編成』に力を入れていかないと、

インフラ対策や福利厚生サービスのために、
多くの資金がつぎ込まれることになります。

 

地方財政が厳しい中、

限られた財源で施策を行わなければならないわけですので、
その辺りの兼ね合いが難しいところではあります。

 
【参考】
・過疎地域等における集落の状況に関する現況把握調査(総務省)

・集落関係資料 資料3(総務省)

 

 

片岡鶴太郎は、なぜお笑い芸人から画家へと転身したのか

 

近頃は、テレビ出演が減って、たまにしか見かけなくなった片岡鶴太郎ですが、現在は画家としての活動に力を入れているようです。

心に響く 心に響く3

この挿絵の川上犬(長野県の猟犬)は、片岡鶴太郎が描いたものです。 子犬の無邪気な表情と佇まいに癒しを感じる作品です。

この本には、以前紹介した記事『縁を生かす』が掲載されています。

 涙腺注意⇒ 心に響く小さな5つの物語「縁を生かす」ドラマ版動画

 

お笑い芸人から、役者そして画家へと転身(役者は現在も継続中)していった片岡鶴太郎は、最初から絵画への関心や画家としての才能があったのでしょうか?

どうやら、そうではないようです。

 

Sponsored Link

片岡鶴太郎の若い頃

東京の下町に生まれ育った鶴太郎は、寄席好きの父親の影響で、漫才や物まねを見る機会が多く、自然と芸人への憧れが強くなっていきます。

高校を卒業後、片岡鶴八に弟子入りし、下積み時代を経て、やがてTVのお笑い番組『オレたちひょうきん族』などで、ブレイクしていきました。

片岡鶴太郎2

ひょうきん族 おでんとおたま

さよならひょうきん族①

 

得意な物まねは、坂上二郎や具志堅用高です。

名前が売れるようになった30代初めに、子供の頃から好きだったボクシングのライセンスを取り、その頃を機に、役者の世界へと足を踏み入れていきます。

片岡鶴太郎3

他人からすれば順風満帆に見えていた人生ですが、40歳頃に人生の過渡期を感じるようになります。

 

画家としての転機

よく芸能人が、「実は、数年前にうつ病を患っていた」とカミングアウトする記事がでることがありますが、鶴太郎自身もそんな状態だったのかもしれません。

ある朝、鶴太郎が仕事に出掛けようと外に出ると、背後に氣配を感じました。 振り返ると、そこには赤い椿の花が、凛と咲いています。

鶴太郎 椿

その存在感に感動した鶴太郎は、この椿を何とか表現できないかと思い、絵を描くことを決めたといいます。 ただ、文房具屋で道具をそろえ、すぐに描いた赤い椿は、とても見られるような代物ではなかったようです。

でも心折れることなく鶴太郎は、この出会い(縁)を活かして絵を描き続けます。 対象の良いところや特長を引き出して表現するという点では、物まねと絵画の世界は共通しているのかもしれません。

鶴太郎画伯

 

 

現在、全国4ケ所に片岡鶴太郎美術館や工藝館を開き、画業20周年の節目である今年は、『片岡鶴太郎展 還暦紅』を全国で開催しています。

片岡鶴太郎美術館

片岡鶴太郎作品

 

 

鶴太郎作

還暦を越え、これから作品にますます円熟味が増していくのではないかと思われます。

 

ベルマークを集めて何がもらえるの? その仕組みは?

ベルマーク運動とは?

子供の頃、ベルマークを集めて学校に持って行った記憶があります。 それからウン十年、今は私の子供が同様に、ベルマークの収集を行っています。

長い歴史(1960年~)のある取組みのようですが、ベルマーク運動の詳細については、あまり知りません。学校の備品を買うためにおこなっているという事だけは、何となく聞いた事があります。

ベルマーク運動とは?

★ベルマーク預金(点数)で、学校の設備や教材をそろえると共に、国内外のハンディを背負いながら学んでいる子供達に支援をするもの。

○原則参加できるのは、学校・幼稚園などのPTAと大学や公民館等。

○ベルマーク1点が1円に換算され、ベルマーク預金になる。

○ベルマーク預金で、“ 協力会社 ”から設備や教材を購入できる。

○購入金額の10%が自動的に、ベルマーク財団に寄付される。

○ベルマーク財団は、特別支援学校・へき地学校の支援、開発途上国援助を行っている。     <ベルマーク教育助成財団HPより>

 

ベルマーク付商品

“ベルマーク” というのは、このマークです。

ベルマーク

お菓子のパッケージの裏(キャラメル、チョコボールなど)や、調味料の外袋(マヨネーズなど)に印刷されている物など、よく見かけると思います。 このベルマークは、もちろんすべての商品についているわけではありません。

ベルマーク運動に協賛をした会社の商品に印刷されています。 その協賛会社の数は現在、約60企業。 結構有名な会社が多いです。

主なところで、「味の素」、「日清食品」、「森永製菓」、「アサヒ飲料」などなど。

味の素

アサヒ飲料

商品のパッケージ等に印刷された点数は様々ですが、おおよそその商品の金額の1%くらいが点数です。 例えば、チョコボール(約60円)ですとベルマークの点数は、0.5点です。 キューピーのドレッシングですと、2点・3点の商品が多いです。

 

この協賛会社と先ほど “ベルマーク運動とは?” に出てきた協力会社は別で、備品や教材を購入できる協力会社は、「内田洋行」や「セノー」などです。

学校で使用するものは、このベルマークでほとんど購入できるといってもいいでしょう。 運動会や式典でお馴染みのテントや体育教材(一輪車、ボール、竹馬など)、防災用品や折り畳みイスなど。

テント

跳び箱

内田洋行   セノー株式会社

 

PTA活動  ベルマーク

最近のニュースで、「PTA活動の中で、不要な物は何?」というPTA役員経験者への問いに、「ベルマーク」と答える人が多いというのがありました。

なぜでしょう?

それはこの言葉が端的にあらわしています。 「倍のお金を寄付するから勘弁して」

とにかく作業量の割に、見返りが少ないということが大きいようです。

作業としては、まずベルマークを集めることから始まりますが、これは各個人が学校に持ってくるので問題はありません。

ベルマーク3

問題はここからです。

集まったベルマークをそのままベルマーク財団に送るのではなく、これを適した大きさに切り、協賛会社(約60社)ごとに分け、更に点数ごとに仕分けします。 全社合計で約2000種以上あります。

これらを台紙に貼り付け集計し、会社ごとの専用袋に入れて、この状態ではじめてベルマーク財団に送ることができるわけです。 ベルマークって、小さいですし、パッケージの材質も違います。

ベルマーク4

私も実際に作業をしたわけではないですが、内容を聞くと確かに細かい作業です。 これをPTAでやろうとするから問題なのかもしれません。

子供達にこのベルマーク運動の意義と価値をしっかりと教えて、学校の活動の一環として取り組むことはNGなのでしょうか。 義務教育の関係上、法的な問題があるかもしれません。

  『PTA役員が苦痛?

年間集票全国ベスト100の学校を見てみると、2014年の第一位は、静岡県浜松市の中野学園オイスカ高等学校で、集票点数は989,986点でした。 このオイスカ高等学校は毎年、100万点を越えていて、学校のHPの『学校生活』に『ベルマーク活動』という項目があるくらい力を入れています。

2位~100位は、50万点~20万点で、ほとんどが小学校です。

年間20万点ですと、1ヵ月換算で約1万7千点です。 全校児童170人(6学年1クラス約30人の学校)が100円寄付すると、同金額になります。

ため息

たしかに、PTA役員ママの吐露もわからなくもありません。 もうちょっと、知恵を絞って取り組むことは可能かもしれません。

 

【学校関連記事】⇒給食費未納問題はどこまで改善できるのか?

 

にわか(俄)ファンの意味は? その定義と影響力を考えてみた

「にわかファンが…(侮蔑)」と、今日も『にわかファンでない人』からのボヤキが聞こえてきそうです。

 

もうすぐサッカーワールドカップのアジア2次予選が始まりますが、またぞろ『にわかファン』が発生することでしょう。

ファン

かくいう私も国際試合しか観ない『にわかサッカーファン』です。

続きを読む

オスプレイを導入するメリットが知りたい!   性能はどの程度か?

オスプレイを導入した場合のメリットについて考えていきたいと思います。

オスプレイの事故率は高いのか?』の記事で、危険性についてはある程度、理解できました。

『MV-22』の危険性は少なく、『CV-22』は多少の危険性はありますが、今後更に飛行時間を増やしていく中で、改善が見込めると予想できます。

オスプレイ導入のデメリット

オスプレイデモ

では、メディアやデモ行進をする人達が、オスプレイ導入に強行に反対する理由、デメリットは他に何かあるのでしょうか。

検索サイトで、“ オスプレイ デメリット ” で検索してみました。 1~2ページの20記事くらいを見た結果は、結局指摘しているデメリットの中心は安全性でした。

 

オスプレイ5

「構造的な問題があって まだ未完成な機体である」との指摘も。 ただ、その記事では、“未完成機体”の具体的内容は書いてありませんでした。

“危険度0%” “安全性100%”は、この世の中には存在しません。

他には、「金額が高い」。 たしかにデメリットかもしれませんが、その金額以上の性能があれば、適材適所でオスプレイを配備すれば良いだけのことです。

   『オスプレイを佐賀空港に配備するのはなぜ?

 

Sponsored Link

オスプレイ導入のメリット

では、オスプレイの性能と、それを導入するメリットについて、並行して見ていきましょう。

オスプレイは、ヘリコプターの垂直離着陸機能と、固定翼機の長所である飛行の速さや長い距離を飛ぶことができる両者の利点を併せ持った航空機です。

現在配備されているヘリコプター『CH-46』と比較したものが、以下になります。

オスプレイ性能比較

 

注目すべきは、行動半径最大速力でしょう。

『CH-46』が、行動半径140㎞に対して、オスプレイ『MV-22』は何と、600㎞です。 しかも『MV-22』は、空中給油が可能ですので、それを1回行えば、1100㎞も飛ぶことができます。

沖縄から飛び立てば台湾全土はもちろん、北の韓国ソウル、西の上海まで飛んで行けます。

オスプレイ飛行距離

 

更に驚くべきことは、その速度です。

『CH-46』の速度が、270㎞/hに対して、『MV-22』は、520㎞/hと、その速さは約2倍に達します。災害救援・人道支援活動や離島防衛に、その力を発揮するであろうことは、素人でもわかります。

 

実際、2013年11月フィリピンを襲った超大型台風の大災害の時に、普天間基地から飛び立った米軍のオスプレイが、活躍しています。同様に、2015年4月のネパール地震の際にも、米軍は普天間基地からオスプレイ4機を派遣しました。

 

『CH-46』と比べて、行動半径が約4倍で、速さも約2倍、更に貨物の搭載量は約3倍。これほど利点があれば、使う方にとっては言う事はないでしょう。

石垣市に所属する尖閣諸島にも、わずかな土地の整備でオスプレイは離着陸できますので、利用価値も充分です。

   『翁長知事は尖閣問題をどう考えているのか?

オスプレイ2

 

敵対国の脅威・オスプレイ

逆に、日本と敵対もしくは利益がぶつかる関係の国にとっては、日本のオスプレイ導入を阻止したいはずです。 メリットに目をつぶり、デメリットを殊更強調するということは、そういった国の代弁者となっていることだと知る必要があります。

   『翁長知事 中国との関係は深いのか?

 

今回調べた結果、私の現状での認識は、デメリットよりメリットの方が数倍あるという事で、とりあえず落ち着きました。

今後も、オスプレイの動向には注視していきたいと思います。

 

【関連記事】⇒『オスプレイの事故率は高いのか?

      『オスプレイ最新事故率から考えた事

 

オスプレイの事故率は高いのか?  なぜ導入に反対するのでしょうか

オスプレイを知ろう

オスプレイと聞いた時、何を思い浮かべますか?

テレビを見ていると、「オスプレイ、(導入)反対」や「オスプレイは事故が多い」という話ばかりのような気がします。

オスプレイ

そんなに危険な乗り物なのでしょうか?

こういったことは、マスコミの情報だけで判断するのではなく、ある程度、自分自身で調べて判断する必要があります。

続きを読む