遣唐使の廃止の理由あれこれ

Sponsored Link

遣唐使廃止

“菅原道真”続きで、遣唐使の廃止について書いてみます。

 

寛永6年(894年):遣唐使廃止

「白紙(894)に戻す遣唐使」で有名ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一般的にいわれている廃止の理由内容は、

○唐の争乱・国力の衰退

○新羅との関係悪化

○航海の危険性

○財政の困難

この時代、唐は異民族の侵攻により、やっと存続している状況であり、文化面でも退廃が顕著でした。

日本と新羅との関係が悪化し、朝鮮半島の沿岸を航行することができなくなり、南シナ海横断ルートへ変更することで、航行の危険が増します。

航行技術の問題もあり、遭難・難破も相次ぎます。

遣唐使船2

得るものより失うものが多いという考えの菅原道真(遣唐大使)の建議により、いったん停止され、そのまま年月の経過と唐の滅亡により、廃止となりました。

 

他の理由は?

他に理由はなかったのでしょうか?

日本と唐の文化はすでに同等であり、学ぶべきものはなくなったから、ということも言われています。

他には、自分(道真)が行きたくなかったから、なんていうのもありますが、ちょっと眉つば(?)。

公船(遣唐使)を使うより、海商(海上貿易や海上輸送で経済活動する商人)を利用した方が有効と判断したから。

なるほど、これは頷けます。

 

これも改革の一つなのかもしれませんが、改革を行うという事は、改革前の既得権益を持っている人にとっては許しがたいものがあります。

その後も昇進を続け、改革を行った道真は、有力貴族にとって目の上のタンコブになっていったのでしょう。

 

【関連記事】 『天満宮・菅原道真は、なぜ学問の神様なのでしょう?

 

Sponsored Link

天満宮・菅原道真は、なぜ学問の神様なのでしょう?

遣唐使を廃止したのが菅原道真と聞き、たしかそんなことを学生時代に教わったなぁと思い出しましたが、菅原道真といえば、やはり“学問の神様”です。 (894年:遣唐使廃止)

 

菅原道真って、何で学問の神様なんだろう?

どんな人だったっけ?と思い、ちょっと調べてみました。 続きを読む

乃木希典大将の祥月命日 9月13日(1912年)

 

あと10日あまりで乃木希典大将の祥月命日です。

 

東京の赤坂にある乃木神社は、
乃木ご夫妻がお住まいになっていた旧邸宅の跡地の横に建てられた神社です。

乃木大将は、明治天皇の大葬が行われた当日夜に、ご夫婦で自刃されました。

 

通常、邸宅は周りから観ることしかできませんが、
毎年9月12日・13日の2日間は、邸宅内に入ることができます。

 

ただ現在、東日本大震災の影響により、瓦や壁などが損傷してしまったため、
一般公開は中止になっています。

本年度(26年度)耐震工事を行い、平成27年に一般公開が再開される予定です。

 

※平成27年5月中旬以降に工事完成予定。
その後、一定期間、特別公開を実施予定

 

 

戦後、学校教育では日本の偉人を教えることが、ほとんどなくなりました。

そのため、乃木大将の名前は知っていたとしても、
その偉業や人柄まで知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

私も以前はそうでした。

 

私が乃木大将のことをよく知るようになったのは、
ある講演会で講師の話を聞き、その著書を読んでからです。

 

それから毎年9月13日(または前後)には、お参りをさせて頂いています。

 

今年も、まもなくその日がやって来ます。

 

ご挨拶

 

こんばんは。

本日から、ブログを始めたいと思います。

「見る人の為にはあらじ奥山に 己が誠と咲く桜かな」

ブログのタイトルは、上記の短歌を参考につけました。

この短歌は、私が田舎から上京した際に、母が手紙に記してくれた歌です。

誰が詠んだ歌なのかは知りませんでしたので、 今回あらためて調べてみました。

その結果、 ところどころ微妙に違っていましたが、以下の短歌に行き着きました。

「見ん人の ためにはあらで 奥山に おのが誠を 咲く桜かな」

作:新渡戸稲造です。

新渡戸稲造氏については、ほとんど知識がありません。

五千円札に肖像画が描かれたことと、 英文で「武士道」を著したことくらいでしょうか。

急に新渡戸氏が身近に感じられてきました。

今度、彼の伝記(小説等)を読んでみたいと思います。

 

そんなこんなで、ブログのスタートです。

これから宜しくお願いします。