領海侵犯の定義は何か? 繰り返される日本漁船への中国公船追尾

中国公船が尖閣諸島周辺海域に、何日も連続で侵入してきています。

6月21日には、漁を終えた日本漁船が、中国公船に追い回されました。


メディアには、中国による “領海侵犯” という言葉が見出しに載ることもありますが、領海侵犯とは領海内に入ることを言うのでしょうか?

でも、どうやら違うようです。

領海侵犯とはどういった意味なのか、確認してみます。

領海侵犯とは何か

国家には、領土・領空・領海(海に面した国のみ)の主権が、認められています。

領土は説明するまでもないかと思いますが、領空は、領土もしくは領海上の空域をいいます。領海は、領土(基線)から12海里(約22.2㎞)の範囲で、認められています。


では、領海内に侵入したら即 “領海侵犯” と認定されるのでしょうか。

それは違います。

そもそも “領海侵犯” という言葉自体ありません。船舶が他国の領海に入ること自体は、認められているのです。

すべての国の船舶は、他国の領海においても、無害通航権を有しています。

無害通航権とは、その文字から何となく理解できるように、秩序を守り、安全を失することがないように、他国の領海であっても通航することができる権利のことです。

これは当然、中国にもあてはまります。


尖閣諸島海域を通航するだけなら、日本がそれを咎めることはできません。

しかし、日本の漁船を追い回したとなれば、明らかに無害通航権を行使している航行とは言えないわけです。

これは正に、中国により『領海を侵犯されている行為』であることは間違いありません。

紅白歌合戦で“限界突破”の氷川きよし ジェンダーレスを後押しするNHK

氷川きよしが、別人のようであると騒がれています。

以前から、氷川きよしに対してネット上では、“オネエ” だとか “オ○マ” だとか、言われていました。

それが2018年12月におこなわれた、氷川きよしのコンサートで、ある面証明されたのです。


そのコンサートのDVDが発売されたのが2019年4月で、5月には日本コロムビアが、公式チャンネルで公開しました。

氷川きよしと事務所(長良プロダクション)が、その覚悟を示したともいえます。

その時の映像が、これです。


この曲は、アニメ映画「ドラゴンボール超」の主題歌「限界突破×サバイバー」です。2017年10月に発売され、主題歌を氷川きよし本人が歌ったものです。


この機会に、氷川きよしの思いを、確認したいと思います。

氷川きよしは『限界突破』か?

氷川きよしは、2000年2月、22歳の時に、演歌「箱根八里の半次郎」でデビューをはたしました。

演歌界のプリンスとして売り出され、まさにその通りに、おばさま達の心を鷲掴みして、人気を不動のものにして行きます。

その年の「日本レコード大賞」や「日本有線大賞」の最優秀新人賞をとり、その後も「きよしのズンドコ節」や「きよしのソーラン節」など、ヒット曲を連発しました。


他人からみると、順風満帆な歌手活動をしていたように思えます。そんな演歌界のプリンスも、芸能生活20年になり、年齢も42歳になっていました。

そして今年、ドラゴンボールの主題歌のように、氷川きよしはついに、“限界突破” を成そうとしているのです。

【スポーツ報知 2019.12.28】

今年、様々な意味で「限界突破」した氷川。5月にYouTubeで公開したアニメ映画「ドラゴンボール超」の主題歌「限界突破×サバイバー」の歌唱では細い眉にメイクの妖艶な外見が大きな話題となり、再生回数400万回超。

8月のヤクルト―阪神戦の始球式には登場した際にはムダ毛が全くない生足のショートパンツ姿を披露。同月に日本テレビ系「スッキリ」生出演の際、自らを「あたし」と呼称し、話題にもなった。

11月にはインスタグラムも開設。ドレス姿などを披露し、話題を呼び続けている。

スポーツ報知

スポーツ報知の記事にでてくる内容の画像は、こちらです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 氷川きよし・始球式.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 氷川きよし・ウエディング.png

氷川きよしにとって、何が “限界突破” なのでしょうか?

それはたぶん、演歌界のプリンスという虚像からの突破であり、ファンから求められる “男らしい” 氷川きよしからの突破なのでしょう。

ジェンダーレスとNHK

2019年大晦日、NHKの紅白歌合戦で氷川きよしは、「限界突破×サバイバー」を歌いました。

30日のリハーサルでは、キラキラのド派手衣装で登場し、関係者の度肝をぬきました。

【FLASH 2019.12.30】

28日の囲み取材では「きよし君にはさよなら。きーちゃんとして輝きます!」と宣言していた氷川。この日は、右端に陣取り、初登場Kis-My-Ft2や菅田将暉らのそばに並んだ。

赤いグッチのスウェットに、首元にはサングラス。その上に茶色いチェックのストールを羽織り、下はスキニーデニムと、フェミニンないで立ちだ。

FLASH

冒頭で紹介した動画は、すでに720万回以上再生され、多くの人達の目に触れられています。


更にはYouTube動画だけではなく、大晦日の紅白歌合戦でのパフォーマンスによって、多くの国民が “新生” した氷川きよしを、目の当たりにしました。

視聴率では、大トリを飾った嵐の40.8%に迫る、40.4%の数字(第二位)をたたき出しています。

視聴率1%で、約120万人前後が視聴しているといわれていますので、40%ではおよそ4800万人が、紅白歌合戦を見ていることになります。(あくまで、数字はテレビ側の主張ですので、もう少し視聴人数は少ない可能性が高いです)

NHKは、氷川きよしの全国民へのカミングアウトを、後押ししたといえなくもありません。


最近のNHKでは、トランスジェンダーの下着の話題や、『男子がスカートをはきたいと言ったら?』などの放送を通して、 LGBTへの理解をしてもらおうと働きかけているような番組構成が目立ちます。

これはNHKに限ったことではなく、例えば法務省でもHPで『多様な性について考えよう!』と、問題提起しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 氷川きよし・限界突破.jpg

それを考えると、氷川きよしの“限界突破”は、現在の風潮から世間でも十分に受け入れられ、逆にもっと飛躍していく可能性も秘めています。

『世界で最も美しい顔100人』の決め方にビックリ 「胡散臭い」「おかしい」という声

年末になると、『世界で最も美しい顔100人』の話題が、メディアを賑わします。

「日本人はベスト100に何人ランクインしているか?」とか、「(ある特定の国)整形が怪しまれるのに何で何人もランクインするの!」など。

 

はたして、『世界で最も美しい顔100人』は、どんな決め方をしているのでしょうか。

世界で最も美しい顔の決め方は?

まず、この企画がいつから始まったかというと、1990年からになります。

始めた人物は、TC Candler氏です。
イギリスのロンドンで生まれ、現在は米国に住んでいます。

 

先に決め方を言ってしまえば、毎年一般人からの推薦を参考にしつつ、TC Candler氏が約20人の独立批評家と候補者を絞り込んで、最終決定しています。

その決定プロセスについては、いっさい公表されていません。

この“約20人の独立批評家”も公表されていませんので、本当に存在しているのかもわかりません。

 

およそ30年前に始めた個人企画ですので、TC Candler氏がその当時20歳前後の学生だったとしても、すでにアラフィフの親父です。

それを考えると、米国の一人の中年男性が決めた『世界で最も美しい顔100人』に私達は踊らされている可能性もあるのです。

 

HPには、<ABOUT US(私達に関して)>として、こんなことが書かれています。

「Rather, the list attempts to inform & broaden public opinion instead of reflecting it. You will find superstars and new stars, global sensations and relative unknowns.」

すみません、英語ができないので、Googleで翻訳しました。

「むしろ、リストは、世論を反映するのではなく、世論に知らせ、広めることを試みています。 あなたはスーパースターと新しい星、世界的な感覚、相対的な未知を見つけるでしょう。」

要するに、私達(TC Candler氏)が考える、その年の『世界で最も美しい顔』のスターを、世間に知ってもらうために、おこなっている企画だと言っているのです。

 

他にも、
「Of course, lists are always very subjective(「もちろん、リストは常にとても主観的です」)」、「The List is not popularity contest(「リストは人気コンテストではありません」)」と正直に書かれています。

『世界で最も美しい顔100人』の決め方に対して色々批判されても、TC Candler氏に言わせれば、「主観的だって言ってるし、私が考える世界で最も美しい顔を広めるための企画なんだけど」という感じでしょう。

便乗する日本のメディア

もしかすると、世界では、日本ほど注目されていない企画かもしれません。

TC Candler氏(公式サイト)のツイッターのフォロワー数が、7.3万人となっているところからの想像です。

これは芸能人でいうと、お笑い芸人のとろサーモン久保田や俳優の佐野史郎レベルのフォロワー数と同じです。

 

日本では、この企画が面白い(お金になる)と思った広告代理店が、メディアに働きかけて宣伝しているというふうに、考えられなくもありません。

2019年の『世界で最も美しい顔』にノミネートされた日本人は、16人です。

  • 林ゆめ(グラビアアイドル)
  • 小松菜奈(モデル)
  • 込山榛香(AKB48)
  • 浜辺美波(女優)
  • 白石麻衣(乃木坂46)
  • 石原さとみ(女優)
  • MINA(twice)
  • 宮脇咲良(歌手)
  • 加藤玲奈(AKB48)
  • 丹羽仁希(モデル)
  • 岡田奈々(AKB48)
  • サナ(twice)
  • モモ(twice)
  • 山本舞香(モデル)
  • 篠崎愛(タレント)
  • 奥山春香(女優)

これを宣伝すれば、「〇〇さん、『世界で最も美しい顔』にノミネートされましたねぇ」と記事になります。

例えば、ORICON NEWSのこんな記事です。

【ORICON NEWS 2019.12.12】
タレントの林ゆめ(24)が、毎年恒例となっている米映画批評サイト『TC Candler』発表の「世界で最も美しい顔100人」の2019年版にノミネートされた。

所属事務所は「たくさんの方からお祝いとお問い合わせを頂き、大変うれしく思っております。このような機会を頂けましたのも日頃からお世話になっております、皆様のご配慮の賜物と存じあげます。皆様の期待に答えらえるように本人を筆頭に頑張りたいと思っておりま」とコメントを寄せた。

【ORICON NEWS 2019.12.12】
女優の浜辺美波(19)が13日、都内で行われた映画『屍人荘の殺人』の公開初日舞台あいさつに登壇。『世界で最も美しい顔100人』にノミネートされたことを、共演した神木隆之介(26)と中村倫也(32)からイジられながら祝福を受けた。

ノミネートされたことに対し浜辺は「本当にありがたいことですね」と感謝するも「システムはちょっとよくわからないんですけどね」と話し、会場の笑いを誘った。

浜辺三波は「システムはちょっとよくわからないんですけどね」と言っているので、『世界で最も美しい顔100人』の選考の実態を、たぶんネットで調べたのでしょう。

それでも本人は悪い気はしないでしょうし、自分の宣伝になるのですから、大歓迎かと思います。

まぁ、あまり深く考えないで、『世界で最も美しい顔100人』が決まったら、暇つぶしに「へぇ、こんな綺麗な人がいるんだぁ」「この人順位は低いけど、俺好み」などと楽しんだらいいのではないでしょうか。

毎日新聞の都知事選世論調査 質問内容を確認してみた こんな世論誘導が許されるのか

2020年の東京都都知事選挙が、6月18日に告示されました。

各候補者陣営が、必死で選挙活動する中、「こんなことが許されるのか!」という報道がされています。

この見出しをみて、人はどう思うでしょうか?

 

『「都知事にふさわしいのは」小池氏51%、宇都宮氏10%』(毎日新聞)

 

「やっぱり小池さんが人気あるわよねぇ」

「ワンフレーズで言葉は軽いけれど、小池さんに決めようかしら」

そういう人がいないとは否定できないでしょう。

 

この見出しは、毎日新聞と社会調査研究センターが、6月20日に全国世論調査した際の回答の一部ということで、報道されています。

まっとうな世論調査であれば、問題はありません。

でもこの世論調査は、全国民を対象にして聞いている調査なのです。

東京都の知事を決める選挙の話題を、全国民に聞いてどうするのでしょうか。そして大々的な扇動見出しをつけて報道する。

 

質問内容は以下の通りです。

「あなたが東京都知事にふさわしいと思う人を選んでください。」(回答は%)

  全体 男性 女性
 小池百合子 51 46 60
 宇都宮健児 10 10 10
 小野泰輔
 山本太郎 10
 立花孝志
 その他の人 10
 関心がない 14 13 14

毎日新聞では、<調査の方法>として末尾の方で、「あくまで全国調査の結果であり、都知事選の情勢には直結しない。」と書いて、責任逃れはしています。

 

しかも毎日新聞は、あれだけ見出しタイトルを大々的に報道しているにもかかわらず、その質問と回答を一般の人がすぐ確認できるように、公表していません。

ためしに、『毎日新聞 都知事選 世論調査 質問内容』で検索してみて下さい。すると、トップにはこの記事がでます。

 

金を払えということです。

 

マスメディアは公平を装って、世論誘導してきます。

先日の共同通信のフェイクニュースも酷かったですが、こんな報道をしているようでは、毎日新聞も未来はないですね。

 

“行動できる偽善者”が話題 『売名』『偽善者』とは別次元の話の孫正義社長

ハフポスト日本版の記事は、論点をわざとずらせるために書いたのか、純粋な思いで記事にしたのかはわかりません。

このツイートです。

長友佑都選手や本田圭佑選手のツイートについては、趣旨はその通りだと私は思います。

ただし、“偽善者”はかっこよくありません。
寄附する人を、偽善者扱いすることが、間違いなのです。

続きを読む

検察庁法改正案は反対ばかり? 賛成の意見はあるか確認してみた

世間では、新型コロナウイルスの話題がほとんどを占める中、ちょっと別の話題が出てきました。

検察庁法改正についての話題です。

5月10日の報道では、こう記されています。

朝日新聞DIGITAL 2020.5.10】
国会で審議が始まった検察庁法改正案への抗議が、ネット上で急速に広がっている。

政府の判断で検察幹部の定年を延長できる規定が「人事や捜査への政治介入を招く」と問題視され、ツイッター上では9日夜から10日朝にかけ「#(ハッシュタグ)検察庁法改正案に抗議します」という投稿が相次いだ。

コロナ禍が続くなか成立を急ぐ姿勢にも反発が出て、リツイートも含め、その数は10日夜までに470万件を超えた。

ちょっと異常なくらい多くのリツイートがされて、抗議の声をあげているというのです。

私はこの頃、「マスメディアの報道には踊らされないぞ」と、疑い深くなってきています。朝日新聞がこれだけ嬉しそう(?)に報道しているからには、何か理由があるはずと思ってしまいます。

 

更に、こういったツイートを目にしました。

 

この二人が反対しているということは、もしかしたら良い改正かもしれません。(笑)

反対意見を検証しつつ、賛成の意見について確認してみたいと思います。

続きを読む

「韓国がマスクくれるってよ」恩着せがましい国からのマスクはいりません

本当に、日本を刺激するのが好きな人達です。

【中央日報日本語版 2020.4.20】
韓国日報は20日、韓国政府関係者の話として、丁世均(チョン・セギュン)首相が新型コロナウイルス対策会議で、「保健用マスクを輸出・支援すれば国格をアップグレードするのに助けになるだろう」としながら対象国として米国と日本を具体的に取り上げたと報じた。

ただ、日本に対する支援は慎重に推進中だという。韓国政府関係者は韓国日報に「1日のマスク生産量が1500万枚まで上がる今月末または5月初めごろには方針を決められるだろう。

世論調査など国民の意見を聴取する過程を必ず経て、特に日本に対する支援はより慎重に決めることになるだろう」と話した。

続きを読む

福山哲郎議員の趣味は政府批判か?

本当に、立憲民主党の国会議員は困ったものです。

精神衛生上、福山哲郎議員(旧姓・陳哲郎)の動画や発言には触れたくないのですが、見てしまったので書かざるをえません。

 

この動画付きのツイートです。

 

言っても無駄でしょうが、マスク配布の意味を、下の動画を見て考えて下さいね。

 

 

新型コロナウイルスの対策は、マスク配布だけではないですよ。

これもやって、あれもやって、それもやれば良いのです。

緊急事態なんですから。
日本にはお金がたくさんあるのですから。

 

中国共産党では、日本に帰化した中国人のことを、“日籍華人”と呼びます。

中国人から日本人になり、本当に日本を愛してくれている人もいるでしょう。

 

反面、“日籍華人”として、日本を貶め、政府批判で世間の一定数を味方につけ、日本を中国の属国にしようとする人もいます。

あなたのことですよ。

 

立憲民主党・枝野幸男代表!基本理念うんぬんの前に嘘はやめましょう

マスクと独裁国家中国 BYD社とソフトバンクの今後の関係に注視

ソフトバンクグループの孫正義社長がツイッターを更新し、注目されています。

ツイッターの内容だけではわからない点が多いので、いくつか確認してみたいと思います。

 

まず、孫正義社長のツイッターを見てください。

続きを読む