純烈のメンバーの経歴とファン層を調べてみた

Sponsored Link

NHK紅白歌合戦への出場というニュースをみるまで、『純烈』(じゅんれつ)というグループを知りませんでした。

韓流スター?

ジャニーズ?

 

まったく違うグループでした。

【PR TIMES 2018.11.14】

純烈は、スーパー銭湯や健康ランドでの「お客さまとの距離が近い」パフォーマンスが話題となり、人気沸騰中の5人組ムード歌謡グループ。

元戦隊ヒーロー出身の俳優中心で、高身長を活かしたダンスと飾らないトークで、人気を博しています。

そんな彼らは結成11年にして、「第69回NHK紅白歌合戦」に初出場することが発表され、さらなる注目を集めています。


こちらのニュースには、『スーパー銭湯』『ムード歌謡グループ』『元戦隊ヒーロー出身』などの興味深いワードが出てきます。

純烈とは、どんなグループで、構成メンバーはどのような人達なのか、また純烈を支えるファン層についても調べてみます。

Sponsored Link

純烈メンバー

グループ名「純烈」には、「純粋であり、かつ強く正しく節操や分別がある」「志を変えずに最後まで貫く」という意味が込められています。

5人中4人が特撮ヒーロー出身という異例の経歴は、イケメン&高身長をイメージさせます。

 

では、メンバーな一人一人を確認してみましょう。

酒井一圭(さかい かずよし)

1975年6月20日生まれ、身長186cm。

純烈のプロデューサー&リーダーをつとめています。

2001年放映の『百獣戦隊ガオレンジャー』で、牛込草太郎(ガオブラック)を演じていました。

 

白川裕二郎(しらかわ ゆうじろう)

1976年12月11日生まれ、身長185㎝。

純烈のメインボーカルです。

朝日山部屋所属の元大相撲力士という異例の経歴です。

1996年に引退して、俳優をめざし、2002年『忍風戦隊ハリケンジャー』の霞一甲(カブトライジャー)役をつとめました。

 

小田井涼平(おだい りょうへい)

1971年2月23日生まれ、身長188cm。

妻はタレントのLiLiCoです。

『仮面ライダー龍騎』のメインキャラクターである北岡秀一(仮面ライダーゾルダ)役で俳優デビューしました。

 

友井雄亮(ともい ゆうすけ)

1980年4月2日生まれ、身長178cm。

関西ジャニーズJr.に、一時期籍をおいていたこともあります。

俳優として、『仮面ライダーアギト』の葦原涼(仮面ライダーギルス)役で、出演していました。

 

後上翔太(ごがみ しょうた)

1986年10月23日生まれ、身長179cm。

純烈のメンバーの中で唯一、芸能界未経験での参加です。

純烈に参加するために、東京理科大学を中退したという経歴の持ち主です。

 

彼らの掲げている合言葉は「夢は紅白、親孝行」です。

デビューしたのが2007年ですから、11年後にはその一つの夢である『紅白出場』を達成することになります。

また、日本の歌手が紅白歌合戦に出場することは、その親にとってどれだけ誇らしいことか計りしれません。 そういう意味では、大きな親孝行を一つ成したともいえます。

Sponsored Link

純烈のファン層

純烈のファンは、シニアを中心とした女性がメインです。

純烈がメインとしている活動の場は、健康ランドやスーパー銭湯といった施設内の会場が中心で、平日の昼間にも関わらず会場は満員になります。


ムード歌謡曲を歌う、高身長イケメンの中年グループ『純烈』は、中年女性にとっては身近なアイドルのような存在なのでしょう。


Sponsored Link

紅白出場にたいするネットの声

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*