森光弘さんのハンドフルートのミニコンサートに行ってきた

Sponsored Link

ハンドフルートの練習を始めてから、もう数年が経ちました。

でも私にとって、ハンドフルート元年と言えるのは、去年2018年です。

森光弘さんのハンドフルート講座を受講して、根本的な間違い(?)を正してもらいました。

 

それは手の組み方です。

私の手の組み方は、音は出しやすいけれど、音域をひろげるには適していないやり方でした。

 

あとは、練習あるのみ。

たまに個人レッスンも受けたら、また新しい発見があることでしょう。

 

今回は初めて、森光弘さんの演奏を生で聞いてきました。

場所は、東京の玉川高島屋のグランパティオ。 準備されたパイプ椅子は、40脚ほど。

その後ろには常設のソファーもあって、演奏開始直前の観客数は、70~80人くらいだったでしょうか。

横にもテーブルと椅子があったので、もう少しいたかもしれません。

 

演奏が始まると、徐々に観客が集まりはじめて、ソファーの後ろや2階で立ち見する人が、50人くらいになっていました。

 

演奏曲は、オリジナル曲「タオ」「光へ」、荒井由実の「ひこうき雲」など、全6曲でした。

やはり楽器は生で聴くのが一番です。

 

今年は、ただ曲が吹けるだけレベルをこえて、楽器ハンドフルートの深みを表現できるように、練習に励んでいきたいと思います。

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*