韓国で妄言 鳩山由紀夫元首相は逆スパイ行為をおこなっているのか?

Sponsored Link

元首相の鳩山由紀夫氏のニュースが、また報じられています。

2009年9月から2010年6月のおよそ9ヵ月、本当にこの人が日本の首相として日本の舵をとっていたのかと、信じられない思いです。

【夕刊フジ 2019.4.1】

「レーダー照射は、危険だと大騒ぎする話ではない。問題は、冷静さを失い、好戦的な雰囲気に一気に傾く日本の世論にあるようだ」

鳩山氏は3月29日、ソウル市内での講演でこう語った。 日本の朝鮮半島統治に抵抗した「三・一独立運動」から100周年を記念した特別対話集会に参加していたのだ。

引き金をひいて銃口を向ける行為が、危険でないと言っているのと同じですから、彼の思考はどうなっているのかと、心配になります。

Sponsored Link

鳩山由紀夫へのネットの反応

元首相が海外に行ってこういう発言をすれば、どういうことになるか、ネット上では当然、フルボッコ状態です。

 

 

 

 

 

 

たまに、擁護する人もいますが、ほんの一部です。

 

韓国の対応に、これだけ多くの日本人が怒っているにも関わらず、鳩山由紀夫元首相のような発言をすれば、何を言われるか、普通はわかります。

にもかかわらず、度々このような発言をするのは、なぜなのでしょうか?

Sponsored Link

自民党のスパイ?

もしかすると、鳩山由紀夫元首相は、自民党のスパイなのかもしれません。

鳩山由紀夫元首相は、民主党の象徴的な存在でした。

その自分が悪く言われるということは、「やっぱり民主党はダメな政党だった」と言われるのと、同じことにつながります。

民主党→民進党→立憲民主党、国民民主党というのが、現在の政党への流れであることを考えれば、鳩山由紀夫元首相は、民主党系の政党をおとしめるために、わざと反日発言を韓国に行っておこなっている可能性も、ゼロではありません。

それによって、「民主党系の政党には政治を任せられない」となり、「多少の問題はあっても自民党しかない」という世論になります。

 

と書いてきましたが、そのような裏事情はたぶんないでしょう。

昔から鳩山由紀夫氏は、“宇宙人”と言われてきた人物ですし、民主党時代から韓国に対しては融和政策をとろうとしていた人ですから。

彼にとっては、平常運転ということになります。

 

【関連記事】⇒『立憲民主党の政党支持率の推移を確認

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*