統一地方選後半戦 無投票当選がこんなに多いことにビックリ

Sponsored Link

2019年、春の統一地方選挙が始まっています。

選挙の当落が候補者の人生を大きく左右することから、まさに死闘を展開する選挙もあります。

それとは逆に、記事が伝えるように、立候補者が定数に満たず、無投票で当選してしまう市町村選挙もあるようです。

【朝日新聞DIGITAL 2019.4.16】
統一地方選の121町村長選と375町村議選が16日、告示された。 町村長選は、45・5%にあたる55町村が無投票になった。
町村議選でも93町村が無投票になり、定数の23・3%にあたる988人が有権者の審判を受けずに当選が決まった。 このうち8町村で候補者数が定数に届かない「定数割れ」に陥り、前回2015年の4町村から倍増した。
町村長選には全国で208人が立候補した。 最も多い35町村長選が告示された北海道では21町村が無投票になった。 初山別(しょさんべつ)村は12回連続の無投票だった。

Sponsored Link

ちょっとおどろきの数字です。

『町村長選は、45・5%にあたる55町村が無投票』ということですから、およそ半分の町村長選挙は、対立の候補者が立候補しなかったことになります。

それだけ、町村長という地位に魅力を感じなくなっているのでしょうか。

それとも日本人的な、町・村を二分する戦いをしたくないという思いからの結果でしょうか。

 

ちなみに生まれ故郷の村長選挙をみてみると、やはり無投票で現職の村長が2回目の当選を決めていました。

この村長は、初当選の時も無投票でした。

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*