日本に学べとマハティール首相が演説 日本人の美徳を再考

マレーシアのマハティール首相の演説が、注目されています。

1925年7月生れのマハティール首相は、御年93歳、1981年から2003年まで、過去22年以上にわたって、マレーシアの首相を務めてきました。

その後、一旦は政界を引退しましたが、マレーシアの未来を案じて政界復帰を果たし、2018年5月から再び首相に返り咲いています。

続きを読む

新元号「令和」を歓迎したくない人達 意味や語源への難癖

新しい元号『令和』が決まり、日本全体では祝賀ムードです。

『令和』という名称について、読売新聞や共同通信社の世論調査では、6割から7割の人が「好感がもてる」と回答しています。

 

また、共同通信社の世論調査では、安倍政権の支持率が前回(3月調査)よりも、9.5ポイント上がって52.8%ということでした。

これは、新元号発表が影響したこと以外考えられません。

世論調査の政権支持率が、ちょっとした出来事で変わってしまうというよい例です。

 

そんな祝賀ムードとは別に、新元号を歓迎したくないのかなと、感じざるをえない人達もいます。

続きを読む

北朝鮮の瀬戸り問題に関与する韓国船 瀬戸りとは?

国連からの制裁を受け、ギブアップ寸前という雰囲気も感じられる北朝鮮が、『瀬取り』という悪あがきをしています。

今現在も北朝鮮国民は、独裁者の暴政に苦しめられ、貧困と飢えに耐えています。

そんな状況のなか、金正恩政権のおこないは、まさに“悪あがき”と、私には映ります。

【ソウル聯合ニュース 2019.4.3】
国連が禁じる北朝鮮船舶との違法な洋上取引(瀬取り)で石油精製品を積み替えたと疑われる韓国船舶が、韓国当局により韓国南部の釜山港に留め置かれている問題で、韓国外交部が同船の扱いに関し米国側と協議している。
外交筋は3日、「国連安全保障理事会の北朝鮮決議に違反した疑いで昨年10月から韓国籍の船舶1隻の出港を保留にしている」とし、「留め置きが半年を過ぎ、この船をどう扱うか、米国、安保理の北朝鮮制裁委員会と議論している」と伝えた。

こちらがその船です。

このタンカーは、韓国の運送業者が保有している船で、積載量は7850トンあります。

 

北朝鮮が現在おこなっている瀬戸りについて、もう少し詳しくみてみます。

続きを読む

韓国で妄言 鳩山由紀夫元首相は逆スパイ行為をおこなっているのか?

元首相の鳩山由紀夫氏のニュースが、また報じられています。

2009年9月から2010年6月のおよそ9ヵ月、本当にこの人が日本の首相として日本の舵をとっていたのかと、信じられない思いです。

【夕刊フジ 2019.4.1】
「レーダー照射は、危険だと大騒ぎする話ではない。問題は、冷静さを失い、好戦的な雰囲気に一気に傾く日本の世論にあるようだ」
鳩山氏は3月29日、ソウル市内での講演でこう語った。 日本の朝鮮半島統治に抵抗した「三・一独立運動」から100周年を記念した特別対話集会に参加していたのだ。

引き金をひいて銃口を向ける行為が、危険でないと言っているのと同じですから、彼の思考はどうなっているのかと、心配になります。

続きを読む

新元号が「令和」に決定 『安』はないと思ったが、意外な『令』はなぜ決まったか

新しい元号が決まりました。

「令和」(れいわ)です。

『令』という、“ちょっと意外な単語に決まった”と思った人は、私の他にもいらっしゃるのではないですか?

【NHK NEWS WEB 2019.4.1】
政府は1日午前、総理大臣官邸で、各界の代表や有識者からなる「元号に関する懇談会」を開き、新しい元号の複数の原案を示し意見を聞くなどしたうえで、臨時閣議で新しい元号を「令和」とすることを決定し、菅官房長官が午前11時半すぎからの記者会見で発表しました。

『令』という言葉について、少し深掘りしてみたいと思います。

続きを読む

森光弘さんのハンドフルートのミニコンサートに行ってきた

ハンドフルートの練習を始めてから、もう数年が経ちました。

でも私にとって、ハンドフルート元年と言えるのは、去年2018年です。

森光弘さんのハンドフルート講座を受講して、根本的な間違い(?)を正してもらいました。

 

それは手の組み方です。

私の手の組み方は、音は出しやすいけれど、音域をひろげるには適していないやり方でした。

続きを読む

紀平梨花の運動神経を目覚めさせたのは『ヨコミネ式』なのか?

紀平梨花が、2018年11月のGPデビュー戦のNHK杯で優勝しました。
シニアデビュー戦で、弱冠16歳によるGP優勝は、まさに快挙です。

初日のショートプログラムでは、トリプルアクセルでの転倒もあり5位と出遅れましたが、翌日のフリーでは2本のトリプルアクセルを決め、高得点をマークして、逆転での優勝でした。

 

紀平梨花についての記事はたくさんありますが、ちょっと気になったのが彼女の “運動神経” についてです。

世界的に活躍するスポーツ選手が、運動神経が鈍いわけはありません。

ただ、紀平梨花の場合、他の選手と比較して、とりわけ“運動神経”というワードで、検索されることが多いようです。

 

そこには、何か秘密があるのでしょうか?

ちょっと調べてみます。

続きを読む

慰安婦財団って何だったの? 財団解散が生み出す日韓関係の今後

日韓関係は、もう行き着くところ(断交)まで行ってしまうのでしょうか。

国と国の関係においては、それくらい厳しい状況にあります。

 

安倍首相が、韓国人元徴用工訴訟裁判の結果を受けて、「国際法に照らしてあり得ない判断だ」と憤りました。

1965年の日韓基本条約・請求間協定の内容からすれば、当然のことです。

この一つの事案だけでも、国家間における重大な内容であるにもかかわらず、更に韓国は、慰安婦問題で日本をバカにするような方針を出しています。

【AFP通信 2018.11.21】
“韓国政府、慰安婦財団の解散を発表”
韓国政府は21日、日韓両政府の合意に基づき設立され、元慰安婦らの支援を行ってきた「和解・癒やし財団」を解散すると発表した。
日本政府は韓国の駐日大使を呼び、韓国政府に日韓合意の着実な履行を求めるなど厳しい態度を見せており、日韓の関係悪化が一層深刻化するのは避けられない見通しだ。

続きを読む

加藤勝信の派閥と評判を確認 ポスト安倍に急浮上してきたその人物像は?

加藤勝信という衆議院議員がいます。

名前だけ聞いて、その顔が思いうかぶ人は、まだ多くないのではないでしょうか。

現在は、自民党総務会長の任にあり、いわゆる党の三役にまで登ってきている存在です。

 

11月9日の産経新聞の記事には、こうあります。

【産経新聞 2018.11.9】
自民党内で「ポスト安倍」の顔ぶれが変化した。衆院当選6回ながら党三役に抜擢された加藤勝信総務会長(62)が急浮上したためだ。

安倍晋三首相(64)からの禅譲を視野に入れる岸田文雄政調会長(61)、9月の総裁選で党員票の45%を獲得し「非安倍」の受け皿となる石破茂元幹事長(61)、ワンポイントリリーフとして菅義偉(すが・よしひで)官房長官(69)の名も挙がる。

それぞれ一文字を取り、人呼んで「岸破義信」(きしばよしのぶ)-。

 

“岸破義信”だそうです。

産経新聞政治部のデスクあたりが考えたのでしょうか。 ちょっと、「何だかなぁ~」という感はありますが。

10月におこなわれた自民党総裁選前では、ポスト安倍は“石田聖太郎”(石破、岸田、野田、河野)と言っていたマスコミもありました。

 

マスコミの一つにでも取り上げられることで、知名度は徐々に上がっていきますので、次は本人のがんばり次第という面もあります。

加藤勝信衆議院議員がどんな人物なのか、この機会に確認しておきましょう。

続きを読む

感染性胃腸炎が流行か? 感染経路の確認と会社や学校の出席停止期間を調べてみる

インフルエンザやノロウイルスなどが流行する季節になってきました。

特に、乳幼児や受験生がいる家庭では、その年のウイルス感染状況が気になるところです。

 

首都圏ではその兆しがあるというニュースが報じられています。

【医療介護CBnews 2018.11.15】
ノロウイルスなどの感染によって、嘔吐や下痢といった症状を伴う「感染性胃腸炎」が、首都圏で流行の兆しを見せている。5日から11日までの1週間の患者報告によると、東京など4都県で定点医療機関当たりの患者報告数が前週と比べて増加。都内の一部では警報基準値を超えた。

ニュースにあるこの『感染性胃腸炎』というのは、どういったものなのでしょうか。

我が家にも受験生がいてちょっと心配です。

未然に防げるよう症状や感染経路などを確認してみたいと思います。

続きを読む