2019年日朝首脳会談は実現するか? 孤立無援の金正恩が安倍首相にすがる

Sponsored Link

2度目の米朝首脳会談で、トランプ大統領に愛想を尽かされた金正恩委員長。

中国の習近平首席や、先日会談したプーチン大統領からの支援も期待できずに、意気消沈といった感じです。

金正恩委員長が、必然的に頼らざるを得ない存在が、現時点では、日本の安倍首相という結果になっています。

その安倍首相が5月1日、産経新聞のインタビューに応えた記事がでていました。

【産経新聞 2019.5.3】
拉致問題の解決には、国際社会と緊密に連携しつつ、わが国が主体的に取り組むことが何より重要です。
まずは現在の日朝間の相互不信の殻を打ち破るためには、私自身が金委員長と直接向き合う以外はない。 ですから条件をつけずに金委員長と会い、率直に、また虚心坦懐(たんかい)に話し合ってみたいと考えています。

金委員長が国家にとって何が最善かを柔軟、かつ戦略的に判断できる指導者であると期待しています。

Sponsored Link

この発言のポイントワードは、『国際社会と緊密に連携』と『私自身が金委員長と直接向き合う』という点かと思います。

日本にとって重要なことは、世界の国々の中で孤立しないよう、共通の方向性で協力し合うこと、更に自国の責任をしっかり果たすこと。

 

当たり前といえば当たり前のことですが、これを間違えると、第二次世界大戦時の失敗の繰り返しになってしまいます。

安倍首相は、4月26日にトランプ大統領と日米首脳会談を、米国ワシントンで行っています。

外務省のHPには、首脳会談で「北朝鮮問題」と「貿易交渉」について語られたことが、書かれています。 【外務省≪日米首脳会談≫】

 

また、マスメディアではしきりに、 “「貿易交渉」でトランプ大統領から圧力をうける安倍首相” といった報道の仕方をしていました。

しかし、今回の安倍首相の渡米が、「北朝鮮問題」の解決に向けて、トランプ大統領と緊密に話し合うことが最大の目的であることは、間違いないでしょう。

 

実際、時を同じくして、茂木敏充経済再生相が渡米し、米国のライトハイザー通商代表部代表と会談をしています。

「貿易交渉」を任された日米の責任者同士が話し合っているのですから、貿易について、首脳間では表面的なことしか話し合われないであろうことは、誰にでもわかります。

 

ということは、安倍首相とトランプ大統領との間での中心話題は、「北朝鮮問題」だったということです。

そして、帰国後に産経新聞を通して、先ほど載せた記事の発言をしているということは、安倍首相から金正恩委員長へのメッセージと考えられます。

「トランプ大統領とは、しっかり話をしてきましたよ。今度は拉致問題を中心に話し合いを私と持ちましょう。」と言っているのと同じです。

 

Sponsored Link

 

ロシアとの領土問題にしても、北朝鮮拉致問題にしても、最後の任期(自民党総裁3期目)の安倍首相が、焦りを見せているという表現を、マスメディアではよく使います。

事実かどうかは別として、外国間の交渉に焦りは禁物です。

 

追い込まれているのは、北朝鮮の金正恩委員長であって、安倍首相ではありません。

【日テレNEWS24 2019.5.4】
北朝鮮は4日朝、日本海に面した東部の元山から東の海上に向け、短距離発射体数発を発射した。
韓国軍によると、北朝鮮は4日午前9時過ぎから午前9時半ごろにかけ、日本海に面した東部の元山から北東に向け短距離発射体、数発を発射した。発射体は約70キロから200キロ飛行し、日本海に落下したという。
韓国軍は当初、短距離ミサイルと発表したがその後、「発射体」へと修正した。韓国メディアは軍関係者を引用し、「発射されたのは弾道ミサイルではない」と伝えている。

これは、何もかもうまくいかない金正恩委員長の悪あがきでしょうか。

頼みにしていたプーチン大統領との会談もうまくいかず、その交渉の下準備をしていた北朝鮮の外交官は、会談前にベラルーシに亡命したという話です。 (4/28主権回復記念国民大会での西岡力麗澤大学客員教授の発言)

 

失敗は許さないという恐怖政治が蔓延している北朝鮮に、未来はありません。

拉致問題で何度も騙されてきた日本政府、特に安倍首相が、北朝鮮と中途半端な解決での妥協はしないと信じたいです。

金正恩委員長に残された道はいよいよ、亡命か暗殺されるかの二者択一になってきました。

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*