犯人を匿う(かくまう)とどんな罪に問われるのか?

Sponsored Link

実刑判決をうけ、仮釈放中に逃走していた男が、逮捕されました。

男が逃走した神奈川県の近隣の小中学校では、休校などの措置が取られていたので、関係者はホッとしたことでしょう。

【産経新聞 2019.6.23】

窃盗罪などで実刑が確定し、横浜地検が収容しようとした男が神奈川県愛川町の自宅から車で逃走した事件で、神奈川県警は23日、小林誠容疑者(43)=公務執行妨害容疑で逮捕=を同県横須賀市の自宅アパートにかくまったとして、犯人蔵匿容疑で小林容疑者の知人で自称建築業、幸地大輔容疑者(38)を逮捕した。

 

Sponsored Link

 

一人で逃げ切れるはずもありません。

今回の逃走で、人への危害を加えなかったことが、小林誠容疑者にとってはせめてもの救いです。

 

それにしても、小林誠容疑者をかくまった男は、犯罪者をかくまうことが罪だとは思わなかったのでしょうか?

友人としてやむにやまれずアパートに招き入れ、自首などの説得をおこなっていたのでしょうか。

 

この際ですから、犯人をかくまうと、どんな罪に問われるのか調べてみます。

法律の一つに、刑法がある事は誰でも知っていることでしょう。

その刑法の第103条を見ると、

≪犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪≫

罰金以上の刑に当たる罪を犯した者又は拘禁中に逃走した者を蔵匿し、又は隠避させた者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

とあります。

『蔵匿』とは、見つからないように隠すことであり、『隠避』とは、隠れ場所を提供する以外の方法で、犯人や逃走者の発見または逮捕を妨げることをいいます。

 

たぶん後追い記事は出ないでしょうが、かくまったとされる幸地大輔容疑者には、どんな罪が言い渡されるのでしょうか。
(もちろん不起訴処分の可能性もありますが)

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*