日韓関係悪化にトランプが懸念?『仲裁の用意表明』という笑ってしまう記事 

Sponsored Link

AFPの記事のタイトルに「日韓対立で仲裁の用意、トランプ氏が表明」というものがありました。

AFPというのは、フランスの通信社です。

【AFP=時事 2019.7.20】

ドナルド・トランプ米大統領は19日、第2次世界大戦中の徴用工問題をめぐる日韓の対立解決に協力する用意があると表明した。

「私は両首脳が好きだ。文大統領が好きだし、私が安倍首相をどのように思っているかは知っての通りだ。安倍首相はとても特別な人でもある」「彼らが私を必要とするなら、協力する用意がある」と発言した。

トランプ大統領が仲裁に動くとしたら、日韓問題で米国にとって実害がでるという時だけです。

今までのトランプ大統領の文在寅大統領への態度をみて、「文大統領が好きだ」という言葉を信じる人がいるのでしょうか。

Sponsored Link

夕刊フジは、こんな記事をだしています。

【夕刊フジ 2019.7.19】

韓国の文在寅政権が“狂気の脅し”をかけてきた。日本政府による、韓国向け半導体素材の輸出管理強化を受け、日米韓の安全保障の基盤といえる「日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」の破棄をチラつかせたのだ。

ドナルド・トランプ米政権は事前に「GSOMIA揺さぶるな」と警告していただけに、米国の激怒は避けられず、「米韓同盟消滅」という事態も見えてきた。

このように、トランプ大統領にとって、韓国の文在寅大統領は、『呆れた存在』なのです。

 

Sponsored Link

【AFP=時事 2019.7.20】

日本政府は、韓国最高裁が日本企業に対し元徴用工への賠償を命じたことを受け、世界を先導する韓国の半導体・携帯電話産業に欠かせない化学製品の輸出を制限。徴用工問題をめぐり日韓の間で数十年にわたり続く論争が激化している。

この記事を読めば、二国間で主張がぶつかり合っていると印象を受けます。

他国の報道機関にとって日韓の争いは、どこにでもある隣国同士の“揉め事”という取扱いになるのです。

 

日本と韓国の今回の問題をレクチャーされて、韓国の言い分が正しいと主張する首脳は、さすがに皆無でしょう。

せいぜい「お互い冷静になって、問題の解決に取り組んでほしい」レベルのコメントをだすのが精一杯です。

韓国は各国から『頭がおかしい国』と思われるだけです。

 

 

【関連記事】⇒『韓国との国交断絶の可能性はありえるのか?

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*