対馬への韓国人観光客数が激減 韓国化をとめる良い機会にすべし

Sponsored Link

対馬といえば、有人の島としては、韓国国境に一番に近い島です。
その距離、釜山から49.5㎞。

高速船では、片道およそ70分で行き来できます。

現在の険悪な日韓関係で、対馬は大きな実害がもっとも出やすい地域でもあります。

【デイリー新潮 2019.9.25】

玄界灘に浮かぶ国境の島・対馬市が今、大変なことになっている。過去最悪の日韓関係の煽りを受けて、多いときは1日3000人訪れた韓国人観光客が、9月に入ってからはほとんど来ていないという。

対馬市には、島の北にある比田勝港と南の厳原(いづはら)港の2つの国際港湾がある。ここを訪れる外国人の99%は韓国人である。

対馬市観光商工課によれば、「2000年に韓国の海運会社が釜山~対馬(比田勝港・厳原港)間の定期運航をはじめましたが、韓国人観光客は年間7500人ほどでした。11年の東日本大震災で減少したものの、その年にJR九州高速船や韓国の海運会社も乗り入れ、3社体制になってからは右肩上がりに増えています。11年に4万6000人だったのが、12年は約15万人、13年は18万人を突破という具合に年々増え続け、昨年は40万9882人と初めて40万人の大台を超えました」

昨年対馬を訪れた観光客は約53万7000人。韓国人は76%以上を占めたことになる。

Sponsored Link

確かに対馬の観光業界にとって、大打撃であることは、間違いないでしょう。

当事者であれば、不安な気持ちが先立つことでしょうし、政府への不満を漏らしてしまうことを、責めることはできません。

しかし、今韓国が日本におこなっていることは、友好国に対してとる行為とはとてもいえません。

 

「日本は友好国ではない」というのであれば、それはそれでこちらの対応を変えるべき時期となります。

この韓国の行為を正すのは、日本政府と日本国民の意見が一致していることを、まず韓国に知らしめることです。

対馬の島民には、竹島を不法占拠している韓国に、経済的に依存してしまっている経済のあり方を見直す、良い機会ととらえてほしいものです。

もちろん、新潮の記事の観光客の数字をみれば、それは簡単なことではないでしょう。

 

政治家が、重い腰を上げています。

以下は、『日本の尊厳と国益を護る会』が、官邸ならびに自民党幹事長に提出した要望書です。

【対馬振興強化に関する緊急要望】

1.「対馬振興法(仮称)」を制定し、国境の要衝としての対馬の位置づけを明確にするとともに国土の保全を図り、島民の目線に立った総合的な対馬振興計画を策定し、これらを両輪で実施すること。

2.国民が対馬の歴史と文化に一層容易に触れられるよう、現在有人国境離島法の対象とはなっていない対馬への旅行者の航空運賃等の引き下げを、大胆に躊躇なく実施すること。

3.対馬への修学旅行等を増やすための助成を行うこと。

4.海上自衛隊防備隊周辺の土地を国有化するとともに、朝鮮半島有事を想定し港湾の整備を行うこと。

5.国境防衛の要となってきた対馬の歴史も含め、福岡に元寇に関する公的な歴史館を設置すること。

Sponsored Link

 

『日本の尊厳と国益を護る会』というのは、自民党の国会議員達が、2019年6月に立ち上げた組織です。

青山繁晴参議院議員が代表幹事を務め、衆参国会議員およそ40名が会員に名前を連ねています。

 

国境の地域においては、国防の要となってもらわなければなりません。

国防・国益のために犠牲や負担を強いるのであれば、それ相応の補助金や支援を行うのが、国としては当然の義務です。

今回の件でわかったように、対馬に対しては、韓国に依存した経済から脱却できるような国の施策が急がれます。

国が、国境沿いの地域に対する明確な方針や支援を約束することで、その自治体でも国の考えに歩調を合わせることができます。

 

これからの日韓関係のためにも、膿をすべて出しきって、本当の意味の未来志向の関係を築ければ、それにこしたことはありません。

ただ、韓国とは根本的な考え方が違っているようなので、現在の最良の方策は、しばらく距離をおくことでしょう。

 

【関連記事】⇒『日本と韓国の歴史問題を解決することはできるのか?

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*