“行動できる偽善者”が話題 『売名』『偽善者』とは別次元の話の孫正義社長

Sponsored Link

ハフポスト日本版の記事は、論点をわざとずらせるために書いたのか、純粋な思いで記事にしたのかはわかりません。

このツイートです。

長友佑都選手や本田圭佑選手のツイートについては、趣旨はその通りだと私は思います。

ただし、“偽善者”はかっこよくありません。
寄附する人を、偽善者扱いすることが、間違いなのです。

Sponsored Link

 

ソフトバンクの孫正義社長の場合は、ちょっと同じテーブルで論じるのは危険です。

先日、マスクの件で記事にしました。

マスクと独裁国家中国 BYD社とソフトバンクの今後の関係に注視

孫正義社長は、あまりにも中国との関係が強すぎます。

言うまでもなく、中国は一党独裁国家です。

 

今回の武漢ウイルス感染で、世界中が苦しんでいるにもかかわらず、発症国の中国は反省する素振りも見せません。逆に、粗悪なマスクや防護服を高い金額で、諸外国に恩着せがましく販売しています。

武漢ウイルスは、まさしく中国共産党の正体を暴きだしました。

 

もし孫正義社長が日本の事を本当に思うのであれば、「中国に依存したサプライチェーンから脱却しよう」と先頭に立つべきです。

その様子が見えたなら、褒めたたえたいという思いはあります。

 

孫正義社長、アリババ株を売却して、中国以外のもっと世の中のためになる会社に投資してください。

Bloomberg 2020.3.24】
ソフトバンクグループは中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングの株式約140億ドル(約1兆5500億円)相当の売却を計画している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたもので、最大4兆5000億円の資産売却や資金化を行う計画の一環。

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*