地域の話題

川崎のヘイトスピーチ規制条例の今後の展開は?

神奈川県川崎市では、ヘイトスピーチを規制し解消するために、ガイドラインを策定しました。

2017年11月のことです。

 『ヘイトスピーチ解消に向けて』川崎市

それからおよそ1年半、今度はヘイトスピーチをした者に罰金を科すことを盛り込んだ、条例制定の方向で事が進みそうです。

【時事通信社 2019.6.24】

川崎市は24日、市内でヘイトスピーチ(憎悪表現)を行った者に対し、50万円以下の罰金を科すことを盛り込んだ差別撤廃条例の素案を公表した。
市によると、ヘイトスピーチを規制する条例に刑事罰を設けた例はなく、成立すれば全国初になる。

素案では、市内の広場や駅で拡声器などを使って、特定の国・地域の出身者らを国外に退去させることをあおったり、危害を加えることを告知したりするような差別的言動を禁止。市の勧告や命令に従わずに違反を3回繰り返した場合は検察や警察に刑事告発し、罰金を科すと規定した。

続きを読む

味の素スタジアムから飛田給の帰りの混雑を少しでも回避したい人のために

味の素スタジアム、通称『味スタ』は、FC東京と東京ヴェルディのホームグラウンドです。

味スタは、最大収容人数約5万人、2001年に開業されました。

サッカーファンにとってはお馴染みかもしれませんが、味スタから近隣の駅・京王線飛田給駅までの帰り道は、けっこう混雑します。

味スタでコンサート開催の時は、観客が味スタ慣れしていないことから、サッカーの試合の時よりも更に、混雑が増すような気がします。

2019年には、ラグビーのワールドカップが開催されますので、その際も同様に帰宅時の混雑がおきるでしょう。

続きを読む

靖国神社の紅葉はいちょう並木だけじゃない 神池付近のわびさび紅葉の紹介

東京の靖国神社の紅葉というと、地下鉄九段下駅を下車して、巨大な第一鳥居をくぐった先にそびえ立つ銀杏並木が有名です。

高さおよそ25mの銀杏が、参道の両サイドに並び立つ姿は、壮観です。

 

その靖国神社に、もう一つ穴場的な紅葉スポットがあるのを、知っていますか?

それは、靖国神社境内にある神池付近の紅葉です。

境内に池があることを知らない人も、結構いるかもしれません。

 

今回は、靖国神社・神池の紅葉を写真で紹介します。

続きを読む

PTA役員が苦痛?何でそんなことに。 PTA役員の断り方

PTA活動が苦痛?

子供の入園入学と共に、かかわりが必要になるのがPTA活動です。

そんなPTA活動に対して、よく「PTA役員が苦痛」という意見を見聞きします。 何が苦痛なのでしょうか?

大別すれば、二つに分けられると思います。
まず一つは、活動時間や内容の問題です。 そしてもう一つが、人間関係です。 続きを読む

PTA役員の選出方法(決め方)は? どんなふうに決めるの

年度初めの4月、学校ではPTAのクラスごとの役員決めが行われます。 保護者にとってクラス編成がわかるのが始業式なので、当然といえば当然です。

それとは別に、学校全体のPTA本部役員は、前年度のうちに決めることになります。 年が明けた1月から年度末の3月までに次期本部役員を決定する必要があります。 続きを読む

沖縄の米軍基地問題・負担率(割合)の現状を再度考えてみた

米軍基地の負担率 再考

前回、日本の米軍基地の割合のことが書かれていた著書『誰も語れなかった沖縄の真実』(惠 隆之介 著)から、よく語られている沖縄の基地負担率について記事にしました。

【沖縄にある米軍基地の割合は、日本全体の75%って本当?】

 

その後、何気なくネットサーフィンする中で、Yahoo知恵袋を見ると、興味深い回答がありました。「沖縄県の米軍基地の負担率74%は嘘なの?」という質問に対するokinawazindesu2さんの回答です。

「ネットの誤った情報に惑わされて、勘違いして~」

 

okinawazindesu2さんが回答している内容に対して、確認しなければという氣持ちになり、防衛省のHPを見てみました。 【在日米軍施設・区域の状況

 

前回の記事の中に、「では、なぜこの“75%”という数字を出す必要があるのか?“沖縄県の負担がいかに大きいかを表すため”以外に考えられません。」と書きましたが、訂正しないといけません。

てっきり米軍基地反対派が作り上げた数字だと思いこんでいましたが、そうではなく、防衛省が発表している数字と知りました。失礼しました。

ごめんなさい

Sponsored Link

沖縄県の米軍基地負担率

そして、もう一つの数値の米軍専用施設の『専用』を除いた割合については、以下に載っています。
【在日米軍施設・区域別一覧(平成28年3月31日現在)】

日本全体の在日米軍施設面積は、1,024,401千㎡、沖縄県全体の在日米軍施設面積は、229,921千㎡です。単純に割合をだしてみると、22.4%になります。

ただ、この数値だけで、沖縄の米軍基地負担率は、日本全体の22.4%と見るのは早計です。okinawazindesu2さんが指摘しているように、個別の施設がどういう施設かという問題があるからです。

 

【在日米軍施設・区域別一覧】の下記の方の『注1』に、「括弧書きの施設・区域名については、日米地位協定第2条第4項(b)に基づき、米軍が一定の期間を限って使用している施設及び区域を示す」とあります。

共同訓練

要するに、米軍がわずかな期間だけ使用する基地(演習場・駐屯地)も含んでいるわけです。北海道の基地の多く、というかほとんどがこれに属します。

Sponsored Link

単純な負担率比較の無意味

ですので、「沖縄県より北海道の方が、米軍基地負担率は高い!」という主張は、面積のみで考えたらその通りですが、内容を見てみれば、あまり説得力のある言葉ではありません。

上記の日米地位協定第2条第4項には、米軍が使用しない時は、日本政府が臨時に使用することができる旨が書かれています。

宮城県の王城寺原演習場では、結構頻繁に訓練が行われています。ただ、その規模や米軍なのか自衛隊の訓練なのかについては、素人では分かり兼ねます。

平成27年11月訓練予定

訓練日程

 

ちなみに、『括弧書きの施設』を取り除いて面積を出してみると、本土は316,017千㎡で、沖縄県は229,667千㎡になります。合計545,684千㎡で割ると、沖縄県の割合は約42%です。

こういった数字をこれ以上出しても意味がないでしょう。『括弧書きの施設』と一括りにしましたが、たぶん其々の施設によって使用のされ方や重要度はまちまちでしょう。

 

前回の記事の最後に、「数字で人を説得する時には注意が必要ですね。 自戒も含めて。」と記しました。

今回、在日米軍の沖縄県の割合を再度調べてみて思うのは、賛成反対の意見が分かれることに対して、その主張の根拠を、できる限り平等に見極める努力をすることの大切さです。

そして、問題の本質は何かということを、数字で誤魔化されないようにしないといけないということです。在日米軍の例で言えば、沖縄県の負担割合が何%かの数字を論じ合っても発展性がありません。

   『翁長知事は尖閣問題をどう考えているのか?

 

そもそも世界第三位の経済大国に、これだけ大規模の外国の軍隊が駐留していることは正常なことなのか?

憲法9条第2項(「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」)で国が護れるのか?

現代においても力で支配・領土拡張をする国があることをどう受け止めるのか?

そういった議論なくして、沖縄の基地負担問題は解決しないとあらためて感じました。

 

【関連記事】『 世界で徴兵制のある国は? 日本の徴兵制の可能性は?

 

沖縄にある米軍基地の割合は、日本全体の75%って本当?

新沖縄県知事誕生

沖縄の知事選挙では大方の予想通りに、翁長氏が当選しました。12月10日には、新沖縄知事が誕生し、沖縄のかじ取りをおこなっていくことになります。

翁長知事

普天間の米軍基地移転問題はどうなっていくのか、日本国民の一人として注目していきたいと思います。

沖縄県は、日本が先の大戦に敗れた1945年から米国に統治され、1972年に日本に返還されました。 私の友人にも沖縄県出身の人がいますが、米国統治時代の米軍の所業には、許しがたいものがあったそうです。 人間は知性の動物でもありますが、感情の動物でもあります。

米軍に対しての必要性は理解しえても、過去のぬぐい難い思いが、今も沖縄のある一定の年齢の人々の心に残っていることは想像できます。

ちなみにその沖縄の友人は、米軍の必要性も認識しいますし、中国の脅威に関しても理解しています。

沖縄基地

   『翁長知事は尖閣問題をどう考えているのか?

 

Sponsored Link

沖縄県の米軍基地の割合

ただ、これは沖縄基地問題に限った事ではありませんが、数字が独り歩きして、理性的な判断を誤らせてしまう事が、往々にしてあると思うのです。

『日本にある米軍基地のおよそ75%が、沖縄県に存在する』と聞いて、あなたはどう思います?

 

多くの人が、「沖縄の人に負担をかけ過ぎだよ」 「沖縄県民が怒るのも無理ないね」と思うのではないでしょうか。

でも、この “75%” って本当に正確な数字なのでしょうか?

結論をいうと、上記の数字は誤りです。ただ、以下のような文章にすると正解になります。

『日本にある専用米軍基地のおよそ75%が、沖縄県に存在する』

どういう事かというと、日本には当然、自衛隊の基地があります。

横田基地

その中には、自衛隊と米軍が共存している基地も存在します。横須賀基地や横田基地、岩国基地や佐世保基地がそれにあたります。青森県の三沢基地もそうです。

75%という数字は、米軍のみが使用している基地の割合ですので、上記の共有基地は、含まれません。

では、なぜこの“75%”という数字を出す必要があるのか?

“ 沖縄県の負担がいかに大きいかを表すため ” 以外に考えられません。

 

本当の米軍基地割合は?

では “ 専用 ” ではなく、すべての在日米軍が沖縄県に占める割合は、どれくらいでしょうか?

24.5%だそうです。(「誰も語れなかった沖縄の真実」より)

それでも多いといえば多いですが、75%と24.5%では雲泥の差です。 数字で人を説得する時には注意が必要ですね。自戒も含めて。

 

【別の情報を加えて再考した記事】  ⇒『沖縄の基地負担率を再考してみた

 

師走の靖国神社へ参拝 無料休憩所と神池の紹介

仕事の帰りに、靖国神社に行ってきました。 このところ、月初には参拝するようにしています。

 

今日は夕暮れまで少し時間があったので、境内を散策してみました。
DSC_0291

 

銀杏並木がとても綺麗です。
DSC_0288

石灯籠の下前方にライトが置いてあるので、夜にはライトアップされるものと思われます。

続きを読む

田舎館村の田んぼアートは、どうやって作っているのでしょう?

田んぼアートとは?

田んぼアート』って知っていますか?
これです。

田んぼアート3

ビックリですよね。

昨年の作品は、こちらです。

田んぼアート4

「何で、こんなもの作ったんだ?」

「どうやって、作るの?」

自然と疑問がわきます。

 

田舎館村の村おこし

この『田んぼアート』は、青森県の田舎館村で作られた作品で、主催者は、田舎館村むらおこし推進協議会です。 田舎館村と書いて、“いなかだてむら”。 青森県中央部、津軽平野の南部に位置した人口およそ8千人の小さな村です。

田舎館村の“村の花”は、「稲の花」であることからも、稲(米)に対するこの村の愛情と関係性を感じます。

稲の花

北方稲作文化発祥の地とも言われています。

村おこしで始められた『田んぼアート』は、1993年に初開催されました。2014年で、22回目をかぞえます。最初は、『田植えツアー』のイベントの一環として開かれました。

初めての作品は、「弥生の里いなかだて」の文字と岩木山をかたどって、『稲文字』として表現されました。それからしばらく数年間は、同じ絵柄で作成されていましたが、2003年の「モナリザ」作品をきっかけに、アート性が増していきます。

モナリザ

ただ、この「モナリザ」は残念なことに、観光客から“太ったモナリザ”と言われてしまいます。その後、試行錯誤の末、展望台からきれいに観えるように、遠近法を導入し、進化をとげました。

 

田んぼアートの作り方

では、どうやって色彩を表現しているのでしょうか?

それは、青森県産米や古代米など計10品種7色を使い分け植えることで、絵画のように仕上げるのです。2004年~2016年までの作品は、こちらのサイトで見ることができます。
『田舎館 田んぼアート』

 

田舎館村に居住の方が、田んぼアートの作り方を紹介してくれています。この方は、実際に田んぼアートの田植えを行なっているおばあちゃんの孫です。
『お富の田園ブログ 田んぼアートの作り方』

 

年々、芸術性が高まっていく田んぼアートですが、来年2015年は、どんな作品で私たちを楽しませてくれるのでしょう。

 

田んぼアートは2つの会場で開催されます。

第1田んぼアートは田舎館村役場展望台から、第2田んぼアートは弥生の里展望所から観覧できます。観覧期間は、毎年6月初旬から10月中旬です。展望台の会館時間は、午前9時~午後5時まで。田んぼアート期間中は、土日祝日も開館しています。

 

詳細は、田舎館村役場 企画観光課 商工観光係 電話:0172-58-2111(内線242)まで