テレビ・映画

防弾少年団の紅白歌合戦出場が内定? BTSの原爆Tシャツ問題は反日教育の結実

韓国の防弾少年団が、紅白歌合戦へ出場するという話題が持ち上がっています。

若い世代にとって、防弾少年団がどれだけ人気のあるグループなのか、私にはわかりませんが、米国においてもそれなりの地位を築いているという話しは聞きます。

【夕刊フジ 2018.10.25】
今年のNHK紅白歌合戦をめぐって、ひと悶着起きている。 

韓国の人気男性グループ「防弾少年団(BTS)」のメンバーが過去に原爆を揶揄するようなTシャツを着ていたことがネット上で物議を醸す中、紅白出場が内定したとする一部報道が出たため、大反対の大合唱があがっているのだ。

“原爆を揶揄するようなTシャツ” を着ていた人物が、紅白歌合戦に出場することが許せないという声が出ることは、当たり前といえば当たり前ですが、実際はどんな事情があったのでしょうか。

また、“紅白歌合戦内定” という情報が、どこから出てきたのかも気になります。

 

日頃、NHKの報道の仕方に対して不満を持っている人が、偽情報として流した可能性もなくはありません。

つい最近も、ジャーナリスト安田純平氏の人質解放問題で、戦場カメラマンの渡辺陽一氏が言ったといわれる『戦場取材の掟』が話題になりました。

その中に「捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格」というものがあったのですが、結果として、渡辺陽一氏が

「捕まったらジャーナリスト失格、という話をしたことはありません。この『戦場取材の掟』というのはフェイクです」

と断定したことで、誰かによって意図的に作成されたものだということがわかりました。

 

今回は、防弾少年団の反日問題と、紅白歌合戦出場内定の話題について、調べてみます。

続きを読む

パルムドール受賞の是枝裕和監督が創価学会員と疑われている? 真相は…

是枝裕和監督が、カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞しました。
日本人21年ぶりの快挙です。

 

そんな是枝裕和監督に、「創価学会員?」という噂があるようです。

本当なのでしょうか?
調べてみましょう。

【スポーツ報知 2018.5.20】
フランスで開催された第71回カンヌ国際映画祭で19日(日本時間20日)、長編コンペティション部門で日本から出品されていた、是枝裕和監督の映画「万引き家族」が最高賞のパルムドールを受賞した。
日本人監督がパルムドールに輝くのは1997年の今村昌平監督の「うなぎ」以来、21年ぶり5作品目の快挙。

続きを読む

放送制度改革に反発するマスメディア 公正な議論は可能か?

放送制度を改革しようという政治の動きがあります。

何かを変えようとすると、必ず『変えてほしい人』と『変えてほしくない人』が現れます。

 

同様に、放送制度を改革しようとすれば、「早急に変えるべき」「必要性を感じない」など賛否両論が出てきます。

では放送制度において、『変えてほしい人』と『変えてほしくない人』とはどんな人達でしょうか?

ズバリ『変えてほしい人』は、テレビの一方的な情報にうんざりしている人達です。

逆の立場の『変えてほしくない人達』は、放送事業者そのものです。

 

放送制度改革で、検討されようとしている内容を確認しつつ、なぜ改革を進めようとしているのか、その必要性について考えてみます。

続きを読む

中井りんの戦績は?(デビュー動画あり) UFC以外で10年間負けなし

中井りんデビュー

年末のRIZIN(ライジン)への参戦が決まった中井りんの戦績を調べてみました。
中井りんがプロデビューしたのは2006年、19歳の時でした。 デビュー戦の相手は伊藤あすかで、この時は中井りんのパンチにより、伊藤あすかが鼻骨を負傷し、TKOで勝利を飾っています。

続きを読む

TBSの報道が偏向的? 悪質だといわれる具体的内容は?

マスメディアへの批判は、いつの時代も、またどんな立場の人(例えば右翼、左翼)からもあるようです。 特にこの頃は、テレビ局に対して、『 偏向報道だ!』 という声をよく聞きます。

検索サイトで、『 偏向報道 』と入力すると、「虫眼鏡キーワード」に、“ TBS ”と出てきますが、それだけTBSに偏向報道が多いということなのでしょうか?

続きを読む

松岡茉優と橋本愛の仲が良い理由は? いつから親友?

 

女優としての注目度はもちろん、
そのトーク力でも評価されている松岡茉優(マユ)は、

もうすぐ20歳になります。

松岡茉優

 

映画『リトル・フォレスト 冬・春』で共演した橋本愛は、
親友でもあります。

 

先日の初日舞台挨拶では、
橋本愛からの手紙に、松岡茉優が涙ぐむ場面もあり、

お互いを思いやる様子が画面から伝わってきました。

 

松岡茉優2

 

『リトル・フォレスト』での共演は、
二人にとって三度目の共演です。

 

最初の共演は、2012年公開映画『桐島、部活やめるってよ』、

二度目は、2013年のNHK連続TV小説『あまちゃん』でした。

 

『桐島、部活やめるってよ』の共演陣とは、
年に2~3度は集まるほど良い関係が続いています。

桐島部活

 

2011年11月から撮影が開始されたので、
二人は出会ってからはまだ、4年くらいです。

でもお互いに、「ずっと昔から親友だったよう」
と言っているので、

それだけ相性が良かったのでしょう。

 

橋本愛は、『桐島、部活やめるってよ』に出演していなければ、
女優を続けていたかわからないと吐露しています。

スタッフや役者仲間から愛を受け、
「役者をやっていく覚悟ができた、仕事を愛することができた」
とも語っています。

 

橋本愛に対して、

“内面からにじみ出ている顔の美しさが魅力的”
と松岡茉優は言います。

 

松岡&橋本

お互いをリスペクトできる関係が、この時にできたのかもしれません。

 

 

『リトル・フォレスト』では、幼なじみの役を演じるので、
3度目の共演で初めて、“笑い合える役ができた”と喜んでいます。

 

撮影地は岩手県だったので、
宿舎に帰ってからも語り合うことができ、

お風呂にも一緒に入ったそうで、
より親交が深まったようです。

 

 

「あんなに魅力的な同世代ってそんなにいないですよね」
と、松岡茉優。

「茉優の人生が輝くお手伝いをずっとしていくつもりです」
と、橋本愛。

 

松岡茉優3

 

それぞれ女優としてのタイプが違うので、
親友という関係と共に、切磋琢磨していく女優関係で、

益々、映画・TVで活躍してもらいたいですね。