毎日新聞の都知事選世論調査 質問内容を確認してみた こんな世論誘導が許されるのか

2020年の東京都都知事選挙が、6月18日に告示されました。

各候補者陣営が、必死で選挙活動する中、「こんなことが許されるのか!」という報道がされています。

この見出しをみて、人はどう思うでしょうか?

 

『「都知事にふさわしいのは」小池氏51%、宇都宮氏10%』(毎日新聞)

 

「やっぱり小池さんが人気あるわよねぇ」

「ワンフレーズで言葉は軽いけれど、小池さんに決めようかしら」

そういう人がいないとは否定できないでしょう。

 

この見出しは、毎日新聞と社会調査研究センターが、6月20日に全国世論調査した際の回答の一部ということで、報道されています。

まっとうな世論調査であれば、問題はありません。

でもこの世論調査は、全国民を対象にして聞いている調査なのです。

東京都の知事を決める選挙の話題を、全国民に聞いてどうするのでしょうか。そして大々的な扇動見出しをつけて報道する。

 

質問内容は以下の通りです。

「あなたが東京都知事にふさわしいと思う人を選んでください。」(回答は%)

  全体 男性 女性
 小池百合子 51 46 60
 宇都宮健児 10 10 10
 小野泰輔
 山本太郎 10
 立花孝志
 その他の人 10
 関心がない 14 13 14

毎日新聞では、<調査の方法>として末尾の方で、「あくまで全国調査の結果であり、都知事選の情勢には直結しない。」と書いて、責任逃れはしています。

 

しかも毎日新聞は、あれだけ見出しタイトルを大々的に報道しているにもかかわらず、その質問と回答を一般の人がすぐ確認できるように、公表していません。

ためしに、『毎日新聞 都知事選 世論調査 質問内容』で検索してみて下さい。すると、トップにはこの記事がでます。

 

金を払えということです。

 

マスメディアは公平を装って、世論誘導してきます。

先日の共同通信のフェイクニュースも酷かったですが、こんな報道をしているようでは、毎日新聞も未来はないですね。

 

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*