イベント・行事

Sponsored Link
Sponsored Link

チケット不正転売禁止法の詳細を確認してみる いつから施行された?

2020年におこなわれる東京オリンピックのチケット販売が始まり、抽選によって第一段の当選者が決まっています。

【日刊スポーツ 2019.6.20】

2020年東京五輪大会組織委員会は、第1次チケット販売の抽選結果を20日午前2時ごろ公式サイトに掲載した。通勤時間帯の午前8時台にはサイトへの入場に「100万人待ち」が表示されるなど、大混雑が生じた。待ち時間は1時間以上となった。

凄い人気です。

オリンピックでは、開会式や閉会式のチケットが特に高額で販売されています。
陸上男子100メートル決勝や競泳も人気が高いです。

どんなにチケット代が高額でも、欲しい人は欲しいのです。

 

そうなると通常、オークションサイトでは、チケットが更にプレミア価格となって、数倍・数十倍の値段で取引される可能性がでてきます。

それを防ぐために、あらかじめ政府では、法律を作って、不正な転売が出来ないように対応しました。

【産経新聞 2019.6.12】

音楽のライブやスポーツイベントなどのチケットを高値で転売することを禁止する新法「入場券不正転売禁止法」が14日、施行される。

人気チケットは転売目的での買い占めが横行しており、同法は有償譲渡の禁止を明記するといった要件を満たしたチケット「特定興行入場券」について、転売を厳しく規制。罰則も定められており、利益目的でのダフ屋行為の抑制が期待される。

チケットの高額での不正転売は、音楽業界にとっての死活問題とされてきた。路上などでのダフ屋行為は各都道府県の条例で禁じられている一方、インターネット上での転売は規制の対象外。

音楽業界では、コンピューターの自動プログラムで販売サイトへのアクセスを繰り返してチケットを買い占め、不当な高値で転売する「ネットダフ屋」が続出し、購入希望者が定価よりも高い金額を払わないとチケットを入手できないケースが相次いでいた。

続きを読む

2019年全国植樹祭で天皇陛下が愛知をご訪問予定 生で見ることはできるか? 

春の恒例行事である全国植樹祭が、愛知県で開催されます。

開催日は、6月2日(日)です。

令和の時代を迎えて初の全国植樹祭です。

全国植樹祭とはどういったものなのか、またご臨席予定の天皇陛下を、一般の国民は拝見することができるのかなど、いくつか確認してみます。

続きを読む

味の素スタジアムから飛田給の帰りの混雑を少しでも回避したい人のために

味の素スタジアム、通称『味スタ』は、FC東京と東京ヴェルディのホームグラウンドです。

味スタは、最大収容人数約5万人、2001年に開業されました。

サッカーファンにとってはお馴染みかもしれませんが、味スタから近隣の駅・京王線飛田給駅までの帰り道は、けっこう混雑します。

味スタでコンサート開催の時は、観客が味スタ慣れしていないことから、サッカーの試合の時よりも更に、混雑が増すような気がします。

2019年には、ラグビーのワールドカップが開催されますので、その際も同様に帰宅時の混雑がおきるでしょう。

続きを読む

森光弘さんのハンドフルートのミニコンサートに行ってきた

ハンドフルートの練習を始めてから、もう数年が経ちました。

でも私にとって、ハンドフルート元年と言えるのは、去年2018年です。

森光弘さんのハンドフルート講座を受講して、根本的な間違い(?)を正してもらいました。

 

それは手の組み方です。

私の手の組み方は、音は出しやすいけれど、音域をひろげるには適していないやり方でした。

続きを読む

元号改正までのスケジュール確認と改正時の社会への影響について

2019年となり、いよいよ4月30日には今上陛下の退位、5月1日には皇太子殿下の新天皇陛下即位がなされます。

それにともない、元号も平成から新元号に変わります。

ネット上では、新元号の予想をしているサイトが多数見受けられます。

これは、当たる当たらないというより、予想する過程が面白いという類いの話しではないかと思います。

 

今回は、4月・5月にひかえた天皇陛下退位・即位の内容と、新元号への改正の社会的な影響について、みてみましょう。

続きを読む

恵方巻の廃棄問題を2018年のニュース記事から考えてみた

関西地方では昔から、2月3日の節分に恵方巻を家族で食べると聞きます。

我が家では、節分に恵方巻を食べる習慣はありません。

 

恵方巻を食する文化が少しずつ広まっていく中、大量に生産された恵方巻が、節分を過ぎると廃棄処分されてしまうというニュースを、近年みかけるようになりました。

恵方巻の廃棄問題について、今回は調べてみます。

続きを読む

2025年 大阪万博のキャラクターはいつ決定される? 今から応募の準備をすべきか

万博が大阪で開催されることが、決定しました。

2025年の開催ですので、一般の人にとっては、まだまだ先の話しといった感じです。

ただし、関係者にとっては開催決定で、いよいよスタートをきれる時がきたということになりますから、希望と責任感で胸踊るといった感でではないでしょうか。

【日本経済新聞 2018.11.24】
2025年国際博覧会(万博)の開催国を決める博覧会国際事務局(BIE)総会が23日、パリで開かれ、日本時間24日未明に行われた加盟各国の投票で日本(大阪)が選ばれた。大規模な万博としては05年の愛知以来で、大阪では1970年以来55年ぶりの開催となる。

今回は、大阪万博で活躍が予想されるマスコットキャラクターについて、調べてみます。

続きを読む

流行語大賞2018 ノミネートされた『ご飯論法』とは? 意味を調べてみた

今年も『新語・流行語大賞』の季節がやってきました。

あくまで、自由国民社(「現代用語の基礎知識」発行元)とユーキャンという一私企業の企画ですが、多くの人が関心を持っていることに、間違いはありません。

 

現時点でノミネートされている流行語は、30です。

  • あおり運転
  • 悪質タックル
  • eスポーツ
  • (大迫)半端ないって
  • おっさんずラブ
  • GAFA(ガーファ)
  • 仮想通貨/ダークウェブ
  • 金足農旋風
  • カメ止め
  • 君たちはどう生きるか
  • 筋肉は裏切らない
  • グレイヘア
  • 計画運休
  • 高プロ(高度プロフェッショナル制度)
  • ご飯論法
  • 災害級の暑さ
  • 時短ハラスメント(ジタハラ)
  • 首相案件
  • 翔タイム
  • スーパーボランティア
  • そだねー
  • ダサかっこいい/U.S.A.
  • TikTok
  • なおみ節
  • 奈良判定
  • ひょっこりはん
  • ブラックアウト
  • ボーっと生きてんじゃねえよ!
  • #MeToo
  • もぐもぐタイム

その中の一つで、聞いたことはないけれど、気になった『ご飯論法』について調べてみます。

続きを読む

時短ハラスメントが流行語になる時代 その意味は何?

あくまで、自由国民社(「現代用語の基礎知識」発行元)とユーキャンという一私企業の企画ではありますが、今年も『新語・流行語大賞』の季節がやってきました。

今年の『新語・流行語大賞』の発表は、12月3日に予定されています。

 

ノミネートされた30語のラインナップをみて、「そんなの知らない」という言葉が多いと感じるのも、例年通りといえます。

この選考への疑問に対しては、選考委員であるやくみつるが以前、

「難しい専門用語が入っているわけでもありません。『ニュースぐらい見ろ』と言いたいですよ」

と言っていました。

確かに一理あると思いますが、そう言われてしまうと、腑に落ちない点もあります。

 

それはさておき、今回は30語の中の一つ、『時短ハラスメント』について注目してみました。

続きを読む

野村萬斎が演出する東京オリンピックはどんなものになるのか?

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開会式と閉会式の演出を、狂言方能楽師の野村萬斎が中心になって行うことが決定しました。

 

公文や緑茶のCM出演、NHKの番組へ出演していることは知っていても、野村萬斎がどういった人物なのか理解している人は、意外に少ないのではないでしょうか。

狂言方能楽師の野村萬斎が、なぜ今回オリンピック・パラリンピックの開閉会式の演出を、任されることになったのか、また現時点でどのような構想を描いているのか、調べてみます。

続きを読む