日韓議員連盟の幹事長である河村建夫衆議院議員の講演が、記事になっています。

現在最悪の関係にあるといってもいい日韓関係ですが、はたして日韓議員連盟は、問題解決のキーマンになれる存在なのでしょうか。

【夕刊フジ 2019.3.26】

超党派の日韓議員連盟幹事長の河村建夫元官房長官が、東京・内幸町の日本記者クラブで講演した。 「日韓は国民の交流は進んでいるが、最悪の状況だ。心配している」

河村氏は25日、「朝鮮半島の今を知る」と題した講演で、こう語った。

「日本は、自らの立場を韓国に理解させるのは時間もかかるだろう。地道に努力すべきだ」

「ここにきて、文大統領もこれ以上、荒立てない方向へとかじを切りつつあるようだ」 「もっと若者同士で交流を図る必要もあるだろう」などと語ったが、甘すぎではないか。

そこで、夕刊フジ記者は質疑応答で、「日韓議連の存在価値はあるのか?」と尋ねた。

河村氏は「日韓で人間関係をつくってきた。日韓関係を徹底的に悪くしないためにも、問題点があれば、率直に話し合う。議連でなければできない」と強調した。

基本的には、講演の全文を読まずに論評できませんが、ピックアップされた発言をみれば、夕刊フジ記者が言うように、『甘すぎ』という感想を持たずにはいられません。

「韓国に理解させるのは時間もかかるだろう。地道に努力すべきだ」

 →どれだけ話し合いの時間を持てば気がすむのでしょうか。

 

「もっと若者同士で交流を図る必要もあるだろう」

 →反日教育を学校で行い、親日的発言をするば糾弾される韓国社会で育てられた若者の思考は、基本的に反日です。 交流すれが解決できるという問題ではありません。

続きを読む