ローソンとGODIVA(ゴディバ)のコラボスイーツ、売り切れ前に急げ

Sponsored Link

2017年6月からスタートしたローソンとGODIVA(ゴディバ)がコラボしたスイーツ、今回の商品はどんな商品でしょうか?

 

その前に、2017年6月から発売された商品を振り返り、食べた人の感想などをみていきます。

 

ローソンとGODIVAが手掛けた最初の商品は、2017年6月6日に発売された 『ショコラロールケーキ』でした。

 

 

2017年7月4日、続いて発売された『ショコラプリン』

 

 

2017年9月5日には、『ショコラタルト』と『ガトーショコラ』

 

 

Sponsored Link

 

2017年10月31日、『キャラメルショコラロールケーキ』

 

 

2017年11月28日には、『ショコラクッキーサンド』と『濃厚ショコラケーキ』

 

2018年4月17日、『ショコラパフェ』と『ショコラマカロン』

 

 

2018年6月5日には、GODIVAとのコラボ1周年を記念した『ショコラロールケーキ』と『生ショコラ大福』でした。

カカオの香り高いチョコレートクリームを、しっとりしたチョコレートのスポンジケーキで包んだ『ショコラロールケーキ』。


そして、今回が初となる「和」をテーマとした『生ショコラ大福』

 

 

 

 

Sponsored Link

 

2018年9月4日、秋を先取り『ショコラモンブラン』と濃厚なチョコレートガナッシュが味わい深い『ショコラケーキ』

 

2018年9月21日には、『お月見ショコラ大福』が発売されました。

 

そして今回、2018年11月27日発売予定の商品は、『ホットチョコレート』と『フォンダンショコラ』と『ショコラミルフィーユ』です。

毎回、新商品の発売を楽しみにしている人も多いかと思います。

11月27日が待ち遠しいですね。 三つの新商品の詳細は、コチラで確認してください。

売り切れないうちにゲットしましょう。

 

Sponsored Link

加藤勝信の派閥と評判を確認 ポスト安倍に急浮上してきたその人物像は?

加藤勝信という衆議院議員がいます。

名前だけ聞いて、その顔が思いうかぶ人は、まだ多くないのではないでしょうか。

現在は、自民党総務会長の任にあり、いわゆる党の三役にまで登ってきている存在です。

 

11月9日の産経新聞の記事には、こうあります。

【産経新聞 2018.11.9】
自民党内で「ポスト安倍」の顔ぶれが変化した。衆院当選6回ながら党三役に抜擢された加藤勝信総務会長(62)が急浮上したためだ。

安倍晋三首相(64)からの禅譲を視野に入れる岸田文雄政調会長(61)、9月の総裁選で党員票の45%を獲得し「非安倍」の受け皿となる石破茂元幹事長(61)、ワンポイントリリーフとして菅義偉(すが・よしひで)官房長官(69)の名も挙がる。

それぞれ一文字を取り、人呼んで「岸破義信」(きしばよしのぶ)-。

 

“岸破義信”だそうです。

産経新聞政治部のデスクあたりが考えたのでしょうか。 ちょっと、「何だかなぁ~」という感はありますが。

10月におこなわれた自民党総裁選前では、ポスト安倍は“石田聖太郎”(石破、岸田、野田、河野)と言っていたマスコミもありました。

 

マスコミの一つにでも取り上げられることで、知名度は徐々に上がっていきますので、次は本人のがんばり次第という面もあります。

加藤勝信衆議院議員がどんな人物なのか、この機会に確認しておきましょう。

続きを読む

感染性胃腸炎が流行か? 感染経路の確認と会社や学校の出席停止期間を調べてみる

インフルエンザやノロウイルスなどが流行する季節になってきました。

特に、乳幼児や受験生がいる家庭では、その年のウイルス感染状況が気になるところです。

 

首都圏ではその兆しがあるというニュースが報じられています。

【医療介護CBnews 2018.11.15】
ノロウイルスなどの感染によって、嘔吐や下痢といった症状を伴う「感染性胃腸炎」が、首都圏で流行の兆しを見せている。5日から11日までの1週間の患者報告によると、東京など4都県で定点医療機関当たりの患者報告数が前週と比べて増加。都内の一部では警報基準値を超えた。

ニュースにあるこの『感染性胃腸炎』というのは、どういったものなのでしょうか。

我が家にも受験生がいてちょっと心配です。

未然に防げるよう症状や感染経路などを確認してみたいと思います。

続きを読む

時短ハラスメントが流行語になる時代 その意味は何?

あくまで、自由国民社(「現代用語の基礎知識」発行元)とユーキャンという一私企業の企画ではありますが、今年も『新語・流行語大賞』の季節がやってきました。

今年の『新語・流行語大賞』の発表は、12月3日に予定されています。

 

ノミネートされた30語のラインナップをみて、「そんなの知らない」という言葉が多いと感じるのも、例年通りといえます。

この選考への疑問に対しては、選考委員であるやくみつるが以前、

「難しい専門用語が入っているわけでもありません。『ニュースぐらい見ろ』と言いたいですよ」

と言っていました。

確かに一理あると思いますが、そう言われてしまうと、腑に落ちない点もあります。

 

それはさておき、今回は30語の中の一つ、『時短ハラスメント』について注目してみました。

続きを読む

韓国との国交断絶の可能性はありえるのか? 日本の怒りは沸点に達したことを悟れ

韓国の最高裁判所にあたる大法院にて、日本企業の新日鉄住金に徴用工への賠償を命じた判決がでました。

日本人からすると、信じられない判決です。

当然のことながら日本では、怒りの声がおさまりません。

「韓国とは『国交断絶』しろ」という意見も多く聞かれます。

 

国交断絶とはどういうことなのでしょうか?

また、国交断絶の前に何かできることはないのでしょうか?

 

腹立たしい思いから『国交断絶』と叫びたい気持ちも心情的には理解できますが、ここは少し冷静になって考えてみましょう。

続きを読む

参議院は必要か? その存在意義について考えてみた

参議院選挙が近づいてくると、「参議院は必要か?」という議論が、毎回のように出てきます。

なぜかというと、被選挙権の年齢や議員の任期が違っても、衆議院のコピーと化している参議院に、果たして存在意義があるのかという疑問があるからです。

 

衆議院選挙に落選した人が、次の参議院選挙に出馬して、当選するというケースもあり、参議院は『衆議院の落選議員の受け皿か!』という批判もあります。

参議院は『良識の府』というとらえ方をされることもあり、衆議院とは一線を画し、党利党略や党派に左右されない存在であってほしいという願望もあるようです。

そうでなければ、何のための二院制かということです。

 

今回は、参議院の存在意義について、考えてみます。

続きを読む

靖国神社の紅葉はいちょう並木だけじゃない 神池付近のわびさび紅葉の紹介

東京の靖国神社の紅葉というと、地下鉄九段下駅を下車して、巨大な第一鳥居をくぐった先にそびえ立つ銀杏並木が有名です。

高さおよそ25mの銀杏が、参道の両サイドに並び立つ姿は、壮観です。

 

その靖国神社に、もう一つ穴場的な紅葉スポットがあるのを、知っていますか?

それは、靖国神社境内にある神池付近の紅葉です。

境内に池があることを知らない人も、結構いるかもしれません。

 

今回は、靖国神社・神池の紅葉を写真で紹介します。

続きを読む

野村萬斎が演出する東京オリンピックはどんなものになるのか?

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開会式と閉会式の演出を、狂言方能楽師の野村萬斎が中心になって行うことが決定しました。

 

公文や緑茶のCM出演、NHKの番組へ出演していることは知っていても、野村萬斎がどういった人物なのか理解している人は、意外に少ないのではないでしょうか。

狂言方能楽師の野村萬斎が、なぜ今回オリンピック・パラリンピックの開閉会式の演出を、任されることになったのか、また現時点でどのような構想を描いているのか、調べてみます。

続きを読む

防弾少年団の紅白歌合戦出場が内定? BTSの原爆Tシャツ問題は反日教育の結実

韓国の防弾少年団が、紅白歌合戦へ出場するという話題が持ち上がっています。

若い世代にとって、防弾少年団がどれだけ人気のあるグループなのか、私にはわかりませんが、米国においてもそれなりの地位を築いているという話しは聞きます。

【夕刊フジ 2018.10.25】
今年のNHK紅白歌合戦をめぐって、ひと悶着起きている。 

韓国の人気男性グループ「防弾少年団(BTS)」のメンバーが過去に原爆を揶揄するようなTシャツを着ていたことがネット上で物議を醸す中、紅白出場が内定したとする一部報道が出たため、大反対の大合唱があがっているのだ。

“原爆を揶揄するようなTシャツ” を着ていた人物が、紅白歌合戦に出場することが許せないという声が出ることは、当たり前といえば当たり前ですが、実際はどんな事情があったのでしょうか。

また、“紅白歌合戦内定” という情報が、どこから出てきたのかも気になります。

 

日頃、NHKの報道の仕方に対して不満を持っている人が、偽情報として流した可能性もなくはありません。

つい最近も、ジャーナリスト安田純平氏の人質解放問題で、戦場カメラマンの渡辺陽一氏が言ったといわれる『戦場取材の掟』が話題になりました。

その中に「捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格」というものがあったのですが、結果として、渡辺陽一氏が

「捕まったらジャーナリスト失格、という話をしたことはありません。この『戦場取材の掟』というのはフェイクです」

と断定したことで、誰かによって意図的に作成されたものだということがわかりました。

 

今回は、防弾少年団の反日問題と、紅白歌合戦出場内定の話題について、調べてみます。

続きを読む

米中貿易戦争の始まり・きっかけは2015年という話

米国と中国の貿易戦争ともいうべき、輸入品に高関税をかけ合う争いが続いています。

このまま加熱していけば、米中だけの経済問題ではなくなり、世界経済への悪影響は必至です。

 

ここにきて米国は、経済問題だけではなく、中国の少数民族への弾圧に対しても問題視し、中国へ別の角度から圧力をかけ始めました。

【毎日新聞 2018.10.12】
米議会の「中国に関する議会・政府委員会」は10日、2018年版の報告書を公表し、中国当局が新疆ウイグル自治区で少数民族に「空前の弾圧」を行っていると非難した。

中国の少数民族弾圧は、今に始まったことではありません。

それを知らなかった米国のはずはありませんから、まさにこの問題提起は、中国共産党を追い詰めるための戦術です。

果たして米国は、いつから中国を本当の脅威として認識し、対応するようになったのでしょうか。

続きを読む